米 元下院議長 バイデン大統領支持を明確に表明せず

アメリカのバイデン大統領が選挙戦からの撤退圧力にさらされる中、大統領に強い影響力を持つとされる元下院議長がメディアのインタビューに対して支持を明確に表明せず、大統領に考え直すよう促すものだとの見方も出ていて波紋が広がっています。

アメリカのバイデン大統領は10日、労働組合の会合であいさつし、物価や住居費の高さが課題だとしたうえで「あなたたちの協力を得て2期目の中でやりとげる」と述べて秋の大統領選挙に向けて支持を訴えました。

こうした中、バイデン大統領の長年の盟友で、強い影響力を持つとされるペロシ元下院議長が10日、MSNBCテレビに出演し、司会者からバイデン大統領を支持するかと問われ「選挙戦を続けるかどうかは大統領自身の決断だ。残された時間は短く、われわれは皆、彼自身が決断することを促している」と述べました。

ペロシ氏が明確に支持を表明しなかったことから、アメリカメディアの中には大統領に選挙戦の継続を考え直すよう促すものだと伝えるところもあるなど、波紋が広がっています。

一方、民主党の長年の支持者で先月、バイデン大統領のために大規模な政治資金パーティーを開いた人気俳優のジョージ・クルーニーさんが有力紙、ニューヨーク・タイムズに寄稿し、バイデン大統領に対して選挙戦からの撤退を求めました。

クルーニーさんはこの中で政治資金パーティーで会ったバイデン大統領について「テレビ討論会で皆が見た姿と同じだった」としたうえで「これは年齢の問題だ。この大統領では11月の選挙で勝つことはできない」などと訴えていて、メディアは強力な支援者の離反だと大きく伝えています。

“民主党議会下院トップ バイデン氏に懸念伝達へ” 複数メディア

アメリカのバイデン大統領の選挙戦をめぐり、複数のメディアは10日、民主党の議会下院トップのジェフリーズ院内総務が、バイデン氏に対し、議員たちから出ている懸念について、直接、伝える予定だと複数の情報筋の話として報じました。

また、メディアによりますと下院ではこれまでにバイデン氏の撤退を求める議員が9人に増えたということです。

さらに10日には、ウェルチ議員が上院議員としては初めておおやけに撤退を求めました。

一方、ニュースサイト、アクシオスは10日、民主党の議会上院トップのシューマー院内総務が、複数の支援者に対し、バイデン氏以外の候補者も検討の余地があることを示唆していると報じました。

ただ、ほかのメディアによりますとシューマー氏はアクシオスの報道を受けて「これまで繰り返し述べてきたようにバイデン大統領を支持する」とコメントしているということです。

バイデン大統領が撤退の場合 後任候補は

アメリカのバイデン大統領が撤退した場合の後任候補としては
▽ハリス副大統領
▽ミシガン州のウィットマー知事
▽カリフォルニア州のニューサム知事
などが取り沙汰されています。

ハリス氏はCNNテレビのインタビューで、トランプ前大統領とのテレビ討論会に臨んだバイデン氏について「力強く締めくくった」と擁護し、90分間の討論会ではなく、バイデン氏の大統領としての実績に目を向けるべきだと訴えました。

またウィットマー氏はAP通信のインタビューで、バイデン大統領が撤退した場合に立候補を検討するか問われ、きっぱり否定したうえで、「自分の名前がこのような形で報道されるのはいやなことだ」と述べました。

このほかニューサム氏は今月4日、記者団に対し「バイデン氏こそがわれわれの大統領であり、彼は全力をつくすと言っている」と述べ、あくまでバイデン大統領を支持する姿勢を示しています。