西日本中心 あすにかけ非常に激しい雨おそれ 土砂災害など警戒

前線の影響で西日本では記録的な大雨となりました。12日にかけて前線が停滞するため、西日本を中心に雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は引き続き、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、本州付近にのびる前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、西日本を中心に大気の状態が非常に不安定になっています。

11日未明から昼前にかけては中国地方や近畿などで雨が強まり、山口県下関市では、午前5時半までの12時間に降った雨の量が234ミリと気象庁が統計を取り始めてから最も多くなったほか、午前9時までの1時間には、国土交通省が和歌山県串本町に設置した雨量計で95ミリの猛烈な雨を観測しました。

局地的に非常に激しい雨が降るおそれ

前線は、12日にかけて停滞し前線上を低気圧が東に進むため、西日本から東日本にかけて大気の不安定な状態が続き、西日本を中心に局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあります。

12日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽九州で150ミリ
▽近畿で120ミリ
▽関東甲信で100ミリ
と予想されています。

大雨となったところでは地盤が緩み、今後少ない雨でも災害の危険度が再び高まるおそれがあります。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうに注意するよう呼びかけています。

冷たい風が吹くなど、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は頑丈な建物の中に移動するなど安全を確保してください。

【動画】気象予報士 解説

今後の雨の見通しについて、晴山紋音 気象予報士の解説です。

※7月11日 「NHKニュース7」で放送しました。
 動画は50秒 データ放送ではご覧になれません。