岸田首相 アメリカに到着 NATO首脳会議に出席へ

NATOの首脳会議に出席するため、岸田総理大臣は、先ほどアメリカに到着しました。

韓国やオーストラリアなどとともに、パートナー国として会議に加わり、ウクライナ支援での連携を確認するとともに、安全保障に関わる分野の協力を強化することで合意する見通しです。

NATO=北大西洋条約機構の首脳会議は、9日からアメリカで開かれていて、岸田総理大臣は、日本時間の11日午前4時すぎ、政府専用機で、ワシントン郊外のアンドリュース空軍基地に到着しました。

そして、到着後まもなく同じく現地を訪れている韓国のユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領との会談に臨みました。

冒頭、岸田総理大臣は「現下の国際情勢を踏まえれば、日韓首脳が堅固な信頼関係と戦略的な問題意識を共有する中で、緊密に連携を図ることは意義深い。きょうは北朝鮮情勢など最近の安全保障環境や国際的な諸課題を中心に率直な意見交換をしたい」と述べました。

岸田総理大臣は、日本時間の11日夜遅くから、NATOのインド太平洋地域のパートナー国として、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドの4か国で首脳会議に加わることにしています。

会議では、ウクライナ支援の連携を確認するとともに、サイバー攻撃への対処や偽情報対策など、安全保障に関わる分野の協力を強化することで合意する見通しです。

岸田総理大臣としては、ロシアや中国の動向を踏まえ、ヨーロッパとアジア地域の安全保障は不可分だという認識のもとで、NATOや関係国との結束を強め、日本周辺の平和と安定にもつなげたい考えです。