妊娠中から出産後1年以内に自殺した女性 2年間で118人に

妊娠中から出産後1年以内に自殺した女性が、おととしと去年の2年間で合わせて少なくとも118人にのぼることが、自殺対策に取り組む団体などのまとめで分かりました。

これは国と連携して自殺の調査や自治体への支援にあたる「いのち支える自殺対策推進センター」が、日本産婦人科医会とともに、警察庁の自殺統計をもとにまとめました。

それによりますと、妊娠中から出産後1年以内に自殺した女性は
▽おととしが65人
▽去年が53人で
合わせて少なくとも118人にのぼったということです。

亡くなった時期は、2年間の合計で
▽妊娠中が33人
▽産後2か月以内が19人
そして
▽産後3か月以降が66人でした。

原因や動機について分析すると
▽妊娠中の女性では「交際問題」などの割合が高く
▽出産後の女性では子育ての悩みなどの「家庭問題」やうつ病などの「健康問題」などの割合が高くなっていたということです。

データをまとめた「いのち支える自殺対策推進センター」の清水康之代表理事は「妊産婦は医療とつながっている人が多いはずなので、こうしたところを通じて何らかの手だてを講じることができれば、救える人も少なくないのではないか。データを還元して自殺を防ぐ対策を進めたい」と話していました。