「かしまし娘」の次女 正司照枝さん死去91歳 音曲漫才で人気

三味線やギターと漫才を組み合わせた音曲漫才で人気を集めた、3姉妹の漫才トリオ「かしまし娘」の次女、正司照枝さんが8日、急性心臓死のため亡くなりました。91歳でした。

正司照枝さんは北海道生まれで、旅役者だった両親のもと3歳のころから舞台で経験を積んだあと、姉の歌江さん、妹の花江さんと3姉妹の漫才トリオ「かしまし娘」を結成して、1956年から本格的に活動を始めました。

三味線やギターを弾きながら「うちら陽気なかしまし娘」のテーマソングを歌う明るく賑やかな音曲漫才が人気を集め、1966年には第1回の「上方漫才大賞」を受賞しました。

照枝さんは、1981年に「かしまし娘」の活動を休止してからも、NHKの連続テレビ小説「カーネーション」で主人公の祖母役を演じるなど、俳優やタレントとして活動を続け、2018年には3人そろって舞台に立ち話題を集めました。

ことし1月に姉の歌江さんが亡くなった際には照枝さんが「※これでおしまいかしまし娘~です※穏やかな最期だったようですがいまはただ悲しい」とコメントを寄せていました。

所属事務所によりますと、照枝さんはおとといの午後6時ごろ、急性心臓死のため自宅で亡くなったということです。

91歳でした。

去年11月に放送されたNHKの「よみがえる新日本紀行」への出演が最後になったということです。

妹の正司花江さんは「亡くなった当日もいつもと変わらぬ様子で誰の手も煩わせることなく静かに逝きました。子どもの頃からずっと一緒に過ごした姉の死をまだ受け止めることができません。今もまだ隣にいるような気がします」とコメントを発表しています。

※は記号の八分音符です。