自民 松山参院幹事長 “党内の首相批判 プラスにならず”

自民党内の一部から岸田総理大臣の退陣を求める声が出ていることについて、松山参議院幹事長は、批判は党にとってプラスにならないとして、結束することが大事だという認識を示しました。

自民党の岸田派に所属していた松山参議院幹事長は、10日に福岡市で地方議員や党員との車座対話に臨みました。

このあと松山氏は記者団に対し、車座対話では「岸田総理大臣がリーダーシップをもっと力強く発揮してほしい」という意見や「政局になることを身内がしてはいけない」という指摘などが出されたと説明しました。

そのうえで、党内の一部から岸田総理大臣の退陣を求める声が出ていることについて、「岸田総理大臣は先送りできない課題に果敢に取り組み、成果も積み上げている。今は党が一丸となって岸田総理大臣を支え、山積する諸課題を乗り越えていく時期で、批判はプラスに働かない」と述べました。