“ロマンス詐欺”で鳥取県内の男性 約2億円だまし取られる

鳥取県内の男性が、インターネットの掲示板で知り合った女性から暗号資産の投資に誘われて、およそ2億円をだまし取られ、警察は詐欺事件として捜査しています。

警察によりますと、ことし4月、鳥取県内の男性が、友人を募集するインターネットの掲示板で知り合った東京に住む女性だという人物とLINEでやりとりを始め、好意を寄せるようなメッセージが送られてきたということです。

その後、女性から「暗号資産への投資で稼いでいる。一緒にできたらうれしい」などと誘われ、男性は紹介された偽のサイトでアカウントを開設し、指定された口座に650万円を振り込んだところ利益が出たように表示されました。

その後も追加で投資をするよう誘われたほか、女性から紹介された「金融アナリスト」を名乗る人物の指導料金などの名目で、およそ1億9000万円を振り込みました。

男性がことし6月、口座からの出金のための保証金として、さらにおよそ1億4400万円を請求されたことで不審に思い、金融庁の窓口に相談したところ、被害に気付いたということです。

警察はSNS上などでのやり取りを通し、恋愛感情や親近感を抱かせて投資などを持ちかけ、金銭をだまし取るいわゆる「ロマンス詐欺」の手口とみて捜査しています。

こうした手口の詐欺の被害額としては、鳥取県内では過去最高だということです。

警察は「インターネットで知り合った面識のない人からの投資話を安易に信用せず、不審に思ったら警察に相談してほしい」と注意を呼びかけています。