熊本 水俣 発言途中でマイクの音を切られた男性 再懇談で訴え

マイクの音が切られた問題を受けて、熊本県水俣市で再び開かれている水俣病の患者団体などと伊藤環境大臣との懇談で、2日目の10日、当時、発言の途中でマイクを切られた82歳の男性は「患者と認定されていない人でも救われるやり方で、取り組んでほしい」と訴えました。

水俣病の患者団体などと伊藤環境大臣の再度の懇談は8日始まり、2日目の10日、被害者団体「水俣病患者連合」との懇談が水俣市で行われました。

冒頭で伊藤大臣は、ことし5月の懇談で環境省の職員が団体側の発言途中でマイクの音を切ったことについて、「深くおわび申し上げる。丁寧な意見交換の場にしたい」と述べました。

この団体の副会長を務める松崎重光さんは(82)、5月の懇談で、患者として認定されないまま去年亡くなった妻の苦しみについて語るなかで、マイクの音を切られたことを踏まえ「互いに話をしてわかりあっていけば、それが一番幸せで、問題の解決につながるのではないかと考えている」と訴えました。

そのうえで、団体側が要望している、高齢の被害者の医療や福祉の充実などについて、「患者と認定されていない人でも救われるやり方で、取り組んでほしい」と求めました。

これに対し、伊藤大臣は「全力をあげたい」と述べ、支援の拡充に向けた予算の確保に取り組むとした一方、確実に実施するとの明言は避けました。

団体側は「年々、患者や被害者は亡くなり、要望をかなえる最後のチャンスだ。実行に移してほしい」などと訴えました。

懇談の最終日となる11日は、水俣病の発生地域の鹿児島県長島町の獅子島と熊本県天草市の御所浦島で残りの1団体などとの懇談が行われます。

マイク切られた男性 “苦しむ人の支援 一層取り組みを”

伊藤環境大臣との再度の懇談のあと、ことし5月の懇談でマイクの音を切られた松崎重光さん(82)は、報道陣の取材に対し「一人一人の考えを一致させるのは難しい。これまで何十回も国と交渉してきたが、行政の人たちがこちら側の要望に対し『いいですよ』と言うことは、よほどのことがない限りない」と述べ、水俣病で苦しんでいる人の支援に一層取り組むよう求めました。

熊本県知事が団体側からただされる場面も

熊本県の木村知事は、ことし5月の懇談のあと患者団体側が環境省に抗議したことについて「事実上、つるしあげになっている」と述べ、その後、発言を訂正しましたが、10日の懇談では、これについて団体側からただされる場面がありました。

木村知事は「皆さんに深い悲しみを与えてしまったこと、県知事として発言に問題があったこと、すべてを受け止めて知事としてできることを精いっぱいやらせていただきます。国に対して言うべきことは言い、積極的に場を作ることも含めて動いていきます」と述べました。

伊藤環境相「具体化 前進できるよう事務方に指示」

10日の懇談のあと、伊藤環境大臣は報道陣の取材に応じ「関係団体の皆様からたくさん要望をいただいた。懇談の場で答えられる内容は答えたが、今後、具体化、前進できるように事務方にしっかり指示する」と述べました。

そのうえで、団体側から示された要望について話し合う実務者レベルの協議は、7月から8月にかけて実施していく考えを示しました。

また、伊藤大臣は、患者や被害者の高齢化が進む中、水俣病と認定された患者しか利用できない水俣市の療養施設を、まだ認定されていない患者にも利用できるようにしてほしいという団体側の要望に対して「環境省としても努力したい」と述べ、今後、施設を運営する水俣市などと検討を進めていく考えを示しました。