石垣島で夕日が沈む瞬間の「グリーンフラッシュ」写真家が撮影

夕日が沈む瞬間に太陽の光が緑色に輝く珍しい現象「グリーンフラッシュ」を、沖縄県の石垣島の写真家が撮影しました。

撮影したのは石垣島の写真家、北島清隆さんです。

7月6日午後7時半すぎ、石垣島の県営バンナ公園の展望台から、夕日が沈む瞬間に太陽の光が大気によって屈折して一瞬、緑色に輝く現象「グリーンフラッシュ」を撮影しました。

この現象が見られるのは、地平線や水平線上に太陽が見える場所で、空気が極めて澄んでいることなどが条件で、観測できるのは非常に珍しいということです。

北島さんは東京から石垣島に移住して40年近くたっていて、これまで10回ほど島で「グリーンフラッシュ」の撮影に成功したことがあるということです。

北島さんは「ことしの夏はすごく暑くて、太陽もギラギラしていて、そういう時に『グリーンフラッシュ』はよく出るので、撮影日の2日ほど前から備えて完璧な姿を撮ることができました。次回は動画でも撮ってみたいです」と話していました。

島の眼科医は「『グリーンフラッシュ』は数秒間の現象ですが、目を痛めないよう、太陽を長い時間、裸眼で見つめないでほしいです」と話しています。