今秋NBA入り挑戦へ 河村勇輝「必ず夢を実現して帰ってきたい」

この秋、NBA=アメリカプロバスケットボール入りに挑戦する、日本代表の河村勇輝選手が横浜市内で記者会見を開き、「必ず夢を実現して帰ってきたい」と決意を述べました。

バスケットボールBリーグの横浜ビー・コルセアーズに所属する河村勇輝選手は、ことし9月にグリズリーズと契約を結んでシーズン前のトレーニングキャンプに参加し、NBA入りに挑戦します。

河村選手は9日午後、横浜市内で記者会見を開き「この挑戦は簡単ではないということはわかっています。いろんな方のサポートがあってのことだと思うので、必ず夢を実現して帰ってきたい」と述べました。

河村選手は身長1メートル72センチ、広い視野をいかしたパスに加えスピードを生かしたドライブやスリーポイントシュートなど、得点力も高い万能型のポイントガードで8日、パリオリンピックの日本代表に選ばれました。

横浜ビー・コルセアーズには大学時代から特別指定選手として在籍し、合わせて4シーズンをプレーしていて「横浜は本当に大好きな街で、ファンの皆さんの前でプレーできるということが自分にとって最高の時間で、幸せな時間だった」と振り返りました。

河村選手はトレーニングキャンプで実力を認められれば、NBAと下部のGリーグを一定期間行き来できる、ツーウエー契約に切り替えることができるということです。