都内 今月に入って熱中症の疑いで6人死亡 70代や80代など

東京都監察医務院によりますと、都内では、今月に入ってから6人が熱中症の疑いで死亡しているのが確認されたということです。

このうち、今月4日には70代の男性が、5日には70代の男性と80代の女性がそれぞれ屋内で死亡していて、いずれもエアコンが設置されていましたが使用していませんでした。

6月には50代から90代の3人が熱中症の疑いで亡くなっていて、東京消防庁は夜間でも冷房を適切に利用するとともに、こまめに水分をとるなどして熱中症への対策をとるよう呼びかけています。