山形 西川町 たけのこ採りの70代男性 クマに襲われけが

11日午後、山形県西川町で、たけのこ採りをしていた70代の男性がクマに襲われてけがをしました。ことし、県内で人がクマに襲われてけがをしたのは初めてで、県は注意を呼びかけています。

11日午後1時半すぎ、西川町の月山スキー場のふもとにある駐車場の近くで、「男性がクマに襲われた」と、近くを通りかかった人から警察に通報がありました。

クマに襲われたのは、たけのこ採りをしていた川西町に住む70代の男性で、消防によりますと、腕と腹をかまれてけがをしたということですが、命に別状はないということです。

ことし、山形県内で人がクマに襲われてけがをしたのは初めてです。

警察や町などによりますと、現場は、月山のふもとにある姥沢駐車場から南に500メートルほど下った山林とみられ、この時期、全国から登山客が訪れているほか、山菜採りなどの人も多いということです。

県は、5月28日から全域に「クマ出没注意報」を出していて、山に入る際は、ラジオや鈴など音が出るものを身につけて、自分の存在を知らせるほか、果実や野菜、それに生ゴミなど、クマの餌になるものを放置しないよう呼びかけています。