横浜 女性刺され死亡 容疑者 別事件で施設入所直後 行方不明に

9日に、JR横浜駅近くの路上で、57歳の女性が刃物で刺されるなどして殺害された事件で、逮捕された容疑者は先週、別の事件で有罪判決を受けて民間の更生施設に入所した直後に行方が分からなくなったことが捜査関係者への取材でわかりました。

母親から警察に届け出があったということで、警察は詳しいいきさつを調べています。

9日夜、横浜市西区南幸の路上で、近くに住むフィリピン国籍の礒崎 アリス ヒマオさん(57)が血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。

警察は、近くの交番に自首してきた自称、東京 町田市の無職、安藤幸生 容疑者(33)が、刃物で刺すなどして殺害したとして逮捕しました。

自首した際、容疑者は刃物を所持していて、警察によりますと、容疑を認め「女性と面識はなかった」と説明しているということです。

捜査関係者によりますと、容疑者は、6月5日、町田市内で同居していた母親に対する傷害の罪で有罪判決を受け、その翌日の6日、山梨県内にある民間の更生施設に入所したということです。

しかし、その直後から行方が分からなくなり、母親から警察に届け出があったということで、警察は、事件にいたる詳しいいきさつや動機について調べています。