大阪 松原 不審なバケツ爆発か 1人けが 爆発物処理班が出動

6日午後、大阪・松原市のゴルフ練習場で「バケツが爆発した」と警察に通報があり、従業員1人がけがをしました。警察の爆発物処理班が出て危険物かどうか調べています。

6日午後1時ごろ、松原市立部のゴルフ練習場で「バケツが爆発してやけどをした」と施設の従業員から警察に通報がありました。

警察によりますと、40代の従業員が不審なバケツを軽トラックに乗せて移動させようとしたところ、熱風が吹き出てきて、左腕がやけどをしたような状態になったということです。

バケツは高さがおよそ48センチ、直径がおよそ43センチで、警察の爆発物処理班が出動してバケツの中身などが危険物かどうか調べています。

バケツは練習場のものではないとみられ、6日午前5時ごろに従業員が置かれているのを見つけたということで、警察がいきさつを調べています。