東・北日本 局地的に激しい雨 3日にかけ大気不安定な状態続く

上空の寒気や低気圧の影響で、東日本と北日本では大気の状態が非常に不安定になり、局地的に激しい雨が降っています。大気の不安定な状態は3日にかけて続く見込みで、気象庁は、落雷や竜巻などの激しい突風、局地的な激しい雨などに注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、東日本と北日本の上空には、この時期としては強い寒気が流れ込んでいるうえ、日本海を東よりに進む低気圧に向かって湿った空気が流れ込んでいる影響で、大気の状態が非常に不安定になり、東海や関東南部、東北南部などで雨雲が発達しています。

2日午後8時までの1時間には、千葉県が千葉市緑区に設置した雨量計で39ミリの激しい雨を観測しました。

東日本と北日本では3日にかけて大気の不安定な状態が続く見込みで、気象庁は、落雷や竜巻などの激しい突風、局地的な激しい雨、それにひょうに注意するよう呼びかけています。

急に冷たい風が吹くなど、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物の中に移動するなど、安全を確保してください。

千葉 市原 たたきつけるような雨

2日午後3時半ごろ、千葉県市原市にある公園の駐車場で停車した車の中から撮影された映像では、駐車場や車の屋根にたたきつけるように強い雨が降っていて、ザーッという音が鳴り響いています。

撮影した男性は「午後3時ごろから急に雨が強くなり、車が揺れるほどでした」と話していました。