なでしこ パリ五輪に向けた強化試合でニュージーランドに快勝

パリオリンピックに向けた強化のためスペインに遠征しているサッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」が31日、同じくオリンピックに出場するニュージーランド代表と強化試合を行い、最年少の18歳、古賀塔子選手の代表初ゴールなどで2対0で快勝しました。

世界ランキング7位の日本は、パリオリンピック前最後の海外遠征で気候などが本番に近いスペインのムルシアで世界28位のニュージーランドと強化試合を2試合予定していて、31日は1試合目が行われました。

日本は、司令塔でイングランドスーパーリーグマンチェスターシティーの長谷川唯選手や、イタリア1部リーグ、ローマの熊谷紗希選手は先発メンバーに入らず、去年のワールドカップの得点王でイングランドスーパーリーグ、マンチェスターユナイテッドの宮澤ひなた選手や、最年少の18歳、オランダ1部リーグフェイエノールトの古賀選手などが名を連ねました。

日本は前半、積極的に攻撃を仕掛けながらも得点につながらない時間が続きましたが、前半終了間際に右サイドからパスをつないで最後は田中美南選手が左足でゴール右隅にシュートを決めて先制しました。

さらに後半開始直後、右からのコーナーキックに古賀選手が頭で合わせて代表初ゴールを決めてリードを広げました。

守備ではニュージーランドにほとんどチャンスを与えず、2対0で快勝しました。

パリオリンピックのサッカー女子は、1チームあたりの登録人数が今回の遠征に参加している22人から18人と4人少なくなるため、今回の遠征は選手にとって重要なアピールの場となります。

日本とニュージーランドの強化試合2試合目は、中2日で今月3日に行われます。

先制点の田中選手「チームを楽にできた」

前半終了間際に先制点を決めた田中美南選手は「攻撃していてもなかなか決定的なところまでいけなかった。世界と戦う上でそういうところが大事になる中で、自分自身が決めたことでチームを楽にできたのではないか」と話しました。

そして「もうちょっといいパスを出せていたらと思う点もある。パスのあとの仲間の関わりだったり、個人的なクオリティーだったり、もっと突き詰めていかなければいけない」と反省点も口にしました。

そのうえで次の強化試合に向けて「中2日でパリオリンピックを想定して臨むので、ケアをして万全で臨めるように準備したい」と話していました。

先制点アシストの清家選手「ワールドカップの悔しさを五輪で」

先制点をアシストした清家貴子選手は「シュートもねらいつつだったが、相手が自分に引きつけられているのが見えたので、田中美南選手に出したらうまく決めてくれた」と得点シーンを振り返りました。

その上で「積極性の部分では自分らしいプレーは見せられたかと思うが、得点のチャンスがあった中で決めきれなかったのが悔しさとして残っている。去年のワールドカップでは悔しい思いをしているので、オリンピックはリベンジできるチャンスだし、強い相手と試合ができるのはすごく楽しみなので、メンバーに入れるようにしっかりアピールしていきたい」と話していました。

代表初ゴールの古賀選手「五輪代表に選ばれるよう頑張る」

代表初ゴールを決めた古賀塔子選手は「素直にうれしかった。コーナーキックで点をとるというのがチームとしてあったし、自分自身にマークがついていなくてフリーの状況でいいボールがきたので、しっかり決めることができた」と笑顔を見せながら話しました。

そして「去年のワールドカップでトレーニングメンバーとして帯同させてもらい、大きな舞台でサッカーがしたいという気持ちがより大きくなった。自分もパリオリンピックの代表メンバーに選ばれるチャンスがあるのでしっかり自分の力を出して最後に選ばれるよう頑張りたい」とアピールを誓っていました。

池田監督「いろいろな組み合わせで戦うねらいがあった」

池田太監督は「誰が出てもチームで戦っていくという意味で、いろいろな組み合わせで戦うねらいがあった。前半はスコアにつなげられなかったが、終わりでゴールできた。後半も立ち上がりからしっかり集中してセットプレーで得点をとれたことは評価できる。選手が持っている特長が出たプレーもあったし、組み合わせやコンビネーションもでたので、一人ひとりのゲームに向かう意識も含めてしっかりプレーしてくれた」と試合を振り返りました。

中2日で再びニュージーランドと対戦する次の強化試合に向けては「同じ相手というより、中2日で試合があるということにフォーカスしてオリンピックの準備とシンクロさせていきたい」と話していました。