関東各地で雨風強まりけが人や倒木などの被害

関東甲信では、29日未明にかけて各地で雨や風が強まって荒れた天気となり、けが人や倒木などの被害が出ました。気象庁は、大雨のおそれはなくなったとしていますが、伊豆諸島では昼前まで急な強い雨などに注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、関東甲信では、前線や低気圧の影響で28日夜から29日未明にかけて荒れた天気となり、各地で雨や風が強まりました。

神奈川県箱根町で28日夜9時すぎまでの1時間に34ミリの激しい雨を観測したほか、東京・江戸川区で夜9時半に27.6メートルの最大瞬間風速を観測しました。

千葉県市川市では夜9時前、東京メトロ東西線の行徳駅前で60代の女性が風にあおられて転倒し、頭を打って病院に搬送されましたが、命に別状はないということです。

また、さいたま市浦和区常盤では、夜9時前、国道の脇に植えられた街路樹が倒れて片側1車線の道路の半分が塞がれました。
警察によりますと、この倒木によるけが人はいないということです。

倒木は千葉県内でも相次ぎ、消防によりますと、住宅の一部が壊れたり道が塞がれたりしたということです。

気象庁は、関東甲信で大雨のおそれはなくなったとしていますが、伊豆諸島は前線が通過するため、29日昼前まで落雷や激しい突風、急な強い雨に注意するよう呼びかけています。