北朝鮮 キム総書記 軍事偵察衛星打ち上げ失敗に初言及

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)総書記は、27日に失敗した軍事偵察衛星の打ち上げについて初めて言及しました。エンジンの異常で自爆システムが作動したと明らかにしたうえで、アメリカなどに対抗するため今後、再び打ち上げを試みる姿勢を強調しました。

29日付けの北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、キム・ジョンウン総書記が、軍事偵察衛星の開発などを担う国防科学院を28日に訪れて演説したと伝えました。

この中でキム総書記は、27日に4回目となる軍事偵察衛星の打ち上げを行ったものの新型ロケットが空中爆発して失敗したことについて初めて言及し、1段目のエンジンの異常で自爆システムが作動したと明らかにしました。

そして、軍事偵察衛星の保有については、アメリカの軍事的な挑発に対抗するためだなどと主張するとともに「わが国が自衛的な抑止力をさらに強化し、潜在的な脅威から国家の主権を守るうえで欠かせない課題だ」と正当化し、今後、再び打ち上げを試みる姿勢を強調しました。

加えてキム総書記は「今回の打ち上げは実を結ばなかったが、われわれは失敗を恐れて萎縮するのではなく、さらに大きく奮い立つことになる」として、科学者らを鼓舞しました。

北朝鮮はことし、3基の軍事偵察衛星を打ち上げる計画を示しており、今回の失敗の原因究明を進めて5回目の打ち上げの時期を慎重に検討していくとみられます。

キム総書記“韓国軍の攻撃力崩壊できる力量持っている”

北朝鮮のキム・ジョンウン総書記は28日、国防科学院で行った演説で、韓国軍が27日、北朝鮮の衛星打ち上げの通報を受けて前線付近で空軍機およそ20機による訓練を実施したのに対し「真っ向から挑戦する行為だ」と非難しました。

そのうえでキム総書記は、朝鮮半島有事に言及し「わが軍は、作戦の初期に韓国かいらい軍の基本的な攻撃力やインフラ、それに指揮システムを崩壊させることができる圧倒的な力量を持っている」と強調しました。

北朝鮮は韓国について、平和統一の対象ではなく敵対国とみなす政策に転換し、韓国軍や在韓アメリカ軍をたたくため戦術核弾頭の搭載を想定した多様なミサイルの発射を繰り返すなど、対決姿勢を鮮明にしています。

林官房長官「今後も発射強行も 警戒・監視に全力」

林官房長官は午前の記者会見で「北朝鮮による発射は衛星の打ち上げを試み失敗したものと認識しているが詳細は引き続き分析中だ。今後も発射を強行する可能性はあると考えており、引き続きアメリカや韓国とも緊密に連携し、必要な情報の収集・分析を行うとともに、警戒・監視に全力を挙げる」と述べました。