日本被団協 アメリカの臨界前核実験受け 大使館に抗議文

アメリカが核爆発を伴わない臨界前核実験を行ったことを受け、日本被団協は「世界が核兵器の廃絶を求めて前進している中で、到底許すことはできない」などとする抗議文をアメリカ大使館に送りました。

アメリカは、核爆発を伴わない臨界前核実験を今月14日に西部ネバダ州にある核実験場で行ったと発表しました。

これについて日本被団協=日本原水爆被害者団体協議会はアメリカ大使館に抗議文を送りました。

抗議文ではアメリカ国内でも核兵器は必要ないという声が高まっているとしたうえで、「世界が核兵器の廃絶を求めて前進している中で、到底許すことはできない」と非難しています。

そのうえで「核兵器の禁止・廃絶を求める世界の要請に、話し合いの力で先頭に立つことを強く求める」としています。

日本被団協の田中煕巳代表委員はNHKの取材に対し、「核兵器の開発を続けていることを示すことでほかの国を威嚇するような行為だ。日本政府も反対の意思を示すべきだ」と話していました。