【詳細】イスラエル・パレスチナ・中東情勢(5月20日)

アメリカのサリバン大統領補佐官は、19日、イスラエルを訪れネタニヤフ首相と会談しました。サリバン補佐官は、多くの避難者が身を寄せるガザ地区南部のラファへの大規模な地上作戦に反対するアメリカの立場を改めて伝えたとみられ、イスラエル側の今後の対応が焦点となっています。

※中東情勢に関する日本時間5月20日の動きを随時更新してお伝えします。

米大統領補佐官 イスラエル首相と会談

イスラエル軍は、多くの避難者が身を寄せるガザ地区南部のラファでイスラム組織ハマスへの攻撃を続けていて、追加の部隊を派遣し攻撃を強化する姿勢を示しています。

UNRWA=国連パレスチナ難民救済事業機関によりますと、ラファに身を寄せていた人のうち80万人がさらに別の場所への避難を強いられ、安全な水の確保も難しい状況に置かれているということで、戦闘の拡大が人道状況をさらに悪化させるという懸念が高まっています。

こうした中、アメリカ、ホワイトハウスで安全保障政策を担当するサリバン大統領補佐官が、19日にイスラエルを訪れ、ネタニヤフ首相と会談しました。

ホワイトハウスによりますと、会談で両者は民間人への被害を最小限に抑えながらハマスを確実に打倒する手段について協議したということです。また、サリバン補佐官がラファでの軍事作戦をめぐるバイデン大統領の立場を伝えたとしていて、民間人が巻き添えとなる大規模な地上作戦に反対するアメリカの立場を改めて伝え、ハマスの幹部などに標的を絞った作戦を行うよう働きかけたものとみられます。

アメリカのバイデン大統領は大規模な地上作戦を行った場合は砲弾などの武器を供与しないと警告していて、イスラエル側の今後の対応が焦点となっています。