【プロ野球】パ・リーグ全試合サヨナラ勝ち ソフトバンク4連勝

プロ野球は6試合が行われ、パ・リーグは3試合すべてがサヨナラでの決着となりました。首位のソフトバンクは9回、近藤健介 選手のサヨナラタイムリーツーベースで西武に勝ち、4連勝です。

《パ・リーグ》

ソフトバンク 2x-1 西武

○勝ち:ヘルナンデス投手 2勝。
●負け:アブレイユ投手 1勝3敗8セーブ。

ソフトバンクは1点を追う9回に柳田選手のタイムリーヒットで追いつき、さらに近藤選手のタイムリーツーベースで試合を決めました。2人目のヘルナンデス投手が2勝目をあげました。ソフトバンクは4連勝です。

西武は8回まで無失点に抑えていたルーキーの武内投手が9回の先頭バッターにヒットを打たれて交代し、リリーフしたアブレイユ投手がリードを守りきれませんでした。西武は5連敗です。

ロッテ 4x-3 日本ハム

○勝ち:益田投手 1勝2敗4セーブ。
●負け:河野投手 1敗。
◎ホームラン:
岡選手(ロッテ)5号。
野村選手(日本ハム)1号。

序盤に3点をリードしたロッテは8回にピンチで登板した2人目の澤村投手が押し出しのフォアボールを与えて同点に追いつかれましたが、9回に岡選手のソロホームランでサヨナラ勝ちしました。9回のピンチをしのいだ3人目の益田投手が今シーズン初勝利をあげました。ロッテは3連勝です。

日本ハムはあと1本が出ず、2イニング目に入った2人目の河野投手が打たれました。

オリックス 3x-2 楽天(延長10回)

○勝ち:井口投手 1勝。
●負け:酒居知史投手 1勝1敗。

オリックスは2対2の延長10回、宗選手が2アウト一塁三塁からセンター前にタイムリーヒットを打って試合を決めました。6人目の井口投手が2シーズンぶりの勝ち星です。オリックスは4位に順位を上げました。

楽天は9回にオリックスの抑え、平野佳寿投手から2点を奪って追いつく粘りを見せましたが及ばず、負け越しが今シーズン最多に並ぶ5になりました。

《セ・リーグ》

阪神 7-2 ヤクルト

○勝ち:才木投手 5勝1敗。
●負け:石川投手 1敗。

阪神は、同点の4回に才木投手が押し出しのフォアボールを選び、近本選手がタイムリーヒットで続いて2点を勝ち越し、8回には木浪選手の2点タイムリーツーベースなどで3点を追加しました。先発の才木投手は6回を5安打2失点にまとめ、リーグトップの5勝目です。

ヤクルトは球界最年長、44歳の石川投手が4回途中を4失点とふんばれず打線も2回以降得点を奪えませんでした。

広島 9-3 巨人

○勝ち:アドゥワ投手 4勝1敗。
●負け:高橋礼投手 2勝2敗。
◎ホームラン:
末包選手(広島)1号
菊池選手(広島)2号。

1回に3点を先制された広島はそのウラ、小園選手のタイムリーヒットと、末包選手の1号スリーランで4点をあげて逆転しました。4回には林選手と秋山選手がタイムリーを打つなど、中盤に追加点を重ねてリードを広げました。先発のアドゥワ投手は2回以降、立ち直り、6回途中3失点で4勝目をあげました。広島は今シーズン初の同一カード、3連戦3連勝で巨人と入れ替わって2位に浮上しました。

巨人は、高橋礼投手が1回に4点を奪われてマウンドを降り、先発の役割を果たせませんでした。

中日 3-2 DeNA

○勝ち:柳投手 3勝2敗。
▽セーブ:マルティネス投手 12セーブ。
●負け:大貫投手 2勝5敗。

中日は1対1で迎えた6回に代打 大島選手のタイムリーヒットで勝ち越し、7回には細川選手のタイムリーで1点を加えました。先発の柳投手が5回1失点で3勝目をあげました。中日は連敗を4で止めました。

DeNAは、ヒット11本を打ちながらまずい攻めが響いて競り負けました。