最新デジタル技術活用した 災害時避難の実証実験 福島 いわき

AR=拡張現実などの最新のデジタル技術を活用して災害時の迅速な避難につなげていくための実証実験が福島県いわき市で行われました。

この実証実験は、東北大学と九州大学が共同で開発したアプリを使って行われ、いわき市の大型ショッピングモール周辺を会場に、地元の住民や学生などおよそ110人が参加しました。

このアプリにはARの技術が活用されていて、アプリのカメラ機能を通じて見ることができる建物の倒壊や火災現場などの映像を撮影して報告すると、市の災害対策本部やアプリの利用者に情報が共有されます。

また、アプリを起動したまま移動すると共有された災害情報や利用者の位置情報などをもとに画面に映る実際の町並みの映像に安全な避難ルートが矢印で表示される仕組みになっています。

参加者たちはスマートフォンを片手に、画面を見て、引き返したり、う回したりしながら避難先に向かっていました。

3日の実験では、共有した情報をもとにルートの案内があったグループの方が案内のないグループより移動した距離が短くなり効率的な避難につながった一方、高齢者の中にはスマートフォンの操作に慣れていない人もいて、今後の課題として指摘する声も上がっていました。

参加した60代の男性は「スマホは苦手だが、矢印が案内してくれて便利だったので、使い方を学んで活用できるようにしたい」と話していました。

東北大学の大石裕介 特任教授は「課題もあるが、最新の技術を活用して避難者をわかりやすく誘導することができるので有効だと思います」と話していました。