サッカーJ1 第2節 7試合の結果 昨季王者 神戸が柏に敗れる

サッカーJ1は第2節の7試合が行われ、昨シーズンの王者、ヴィッセル神戸が柏レイソルに敗れ、今シーズン初黒星を喫しました。

▽レイソルは0対0の後半38分、新加入の木下康介選手がゴールを決めて1対0で勝ち、勝ち点を4としました。連覇をねらうヴィッセルは昨シーズン17位のレイソルに敗れて、今シーズン初黒星を喫しました。

▽J1に初めて昇格し、初勝利を目指すFC町田ゼルビアは、名古屋グランパスと対戦し、序盤から攻勢に出ました。前半21分、22歳のフォワード、藤尾翔太選手が右サイドからのクロスボールに頭で合わせて先制しました。ゼルビアは最後まで持ち味の堅い守備でグランパスに得点を許さず、1対0で勝ってJ1で初勝利を挙げました。グランパスは開幕2連敗です。

▽ガンバ大阪は宇佐美貴史選手のペナルティーキックによる得点でアルビレックス新潟に1対0で勝ちました。

▽湘南ベルマーレは京都サンガに2対1で競り勝ちました。

▽サガン鳥栖は北海道コンサドーレ札幌に4対0で快勝しました。

▽FC東京対サンフレッチェ広島は1対1で引き分けました。

▽鹿島アントラーズ対セレッソ大阪も1対1で引き分けました。

第2節の残り1試合は3日、浦和レッズと東京ヴェルディが対戦します。