ラグビー元日本代表 五郎丸歩さん OB戦で“五郎丸ポーズ”披露

ラグビー、静岡ブルーレヴズのOB戦が行われ、元日本代表の五郎丸歩さんがキックで“五郎丸ポーズ”を披露するなどファンを沸かせました。

このOB戦はブルーレヴズの前身、ヤマハ発動機ラグビー部の創設40周年を記念して企画されたもので、リーグワンのリーグ戦の前に、ヤマハスタジアムで埼玉パナソニックワイルドナイツのOBとの試合が行われました。

試合にはヤマハ発動機や日本代表で活躍し、引退後はブルーレヴズの運営担当をしている五郎丸さんや大田尾竜彦さんなどが出場しました。

パスをこぼしたりするなど笑いを誘うプレーが続出しながらも、両チームともにトライを決めて、往年のラグビーファンも楽しそうに観戦していました。

中でも、五郎丸さんがプレースキックを蹴る前のルーティーンで“五郎丸ポーズ”を披露すると、ひときわ大きな歓声が上がっていました。

そして、キックを3本とも外していた五郎丸さんがラストプレーでようやく決めると、そのままノーサイドとなり、観客席からは多くの拍手と声援が送られました。

試合は15対14でブルーレヴズOBが逆転勝ちしました。

OB戦を企画した五郎丸さんは「3本外しましたが、最後に決めることができてよかったです。いろんな世代の方々と触れ合うことによってラグビーの本来の楽しさを体験できたと思うし、ファンの方々が喜んでもらえるならまた企画したい」と話していました。