女子ゴルフ米ツアー 第2ラウンド 古江彩佳 首位と1打差の2位

女子ゴルフのアメリカツアーの大会は1日、シンガポールで第2ラウンドが行われ、古江彩佳選手が5つスコアを伸ばして首位と1打差の2位に浮上しました。

古江選手は1アンダー10位でスタートし、バーディー7つ、ボギー2つで、スコアを5つ伸ばして通算6アンダーとし、首位と1打差の2位に浮上しました。

同じく10位で出た畑岡奈紗選手もバーディー4つ、ボギー1つとスコアを伸ばし、通算4アンダーで、首位と3打差の4位につけています。

西村優菜選手はスコアを1つ落として10位から通算イーブンパーの27位に後退しました。

笹生優花選手は通算5オーバーの55位、稲見萌寧選手は通算9オーバーの61位です。

フランスのセリーヌ・ブティエ選手が8つスコアを伸ばし、通算7アンダーで単独首位に立ちました。