青森県沖で漁船の乗組員4人が海に転落 3人死亡 1人不明

2月29日夜、青森県の陸奥湾の沖合でホタテの養殖漁船に乗っていた4人が海に転落し、このうち3人が死亡、1人の行方が分からなくなっています。海上保安部が周辺の海域で捜索を続けています。

青森海上保安部によりますと2月29日午後7時20分ごろ、青森県の陸奥湾で横浜町漁業協同組合に所属するホタテ養殖漁船の「たか丸」が「午後に港を出たあと帰ってこない」と118番通報がありました。

漁船には乗組員の男性4人が乗っていて海上保安部や地元の漁船が捜索したところ、横浜漁港の西およそ1.2キロメートル付近の海上で3人が漂流しているのが見つかりいずれも死亡が確認されました。

海上保安部によりますと、死亡したのはいずれも横浜町の、菊池隆広さん(51)、菊池榮次郎さん(87)、竹田武美さん(78)だということです。

漁船には3人のほかに、横浜町の太田弘樹さん(43)が乗っていましたが、行方が分かっていないということで、海上保安部や海上自衛隊、それに地元の漁船が捜索を続けています。

海上保安部によりますと、この漁船はホタテの養殖作業を行うため29日午後3時ごろ、横浜町の源氏ヶ浦漁港から沖合の漁場に向かったということです。

4人はいずれも漁船から転落したとみられていますが、漁船は見つかっていないということです。

横浜町漁業協同組合の二木春美 組合長は「昨夜は海はなぎの状態で波もそこまで高くなかった。このような事故が起きてしまい残念だ。残る1人が早く見つかってほしい」と話しています。