福岡 高校生自殺 学校が“事故死”と伝えるか遺族に確認

3年前、福岡県宗像市にある私立高校で、当時2年生の男子生徒がいじめ被害を訴える遺書を残して自殺した問題で、この翌日に学校が遺族に対し、在校生への伝え方について、「事故死」として伝えるかどうか確認していたことが分かりました。文部科学省の指針では、生徒や保護者の信頼を失いかねず、こうしたうそはついてはならないと明示されています。

2021年3月、福岡県宗像市にある東海大学付属福岡高校に通っていた当時2年生の男子生徒が、所属する剣道部内でのいじめ被害などを訴える遺書を残して自殺しました。

この問題で生徒が自殺した翌日、学校が遺族に対し、在校生への伝え方について、自殺か事故死のどちらにするか確認していたことが分かりました。

いじめの重大事態の調査に関する文部科学省の指針では、「学校が“うそをつく”と児童生徒や保護者の信頼を失いかねないため、『事故死であった』などと伝えてはならない」と明示されています。

学校はNHKの取材に対し、「一般的に遺族が自殺を明らかにしたくないケースもあると思い、確認を行った。事故死にしたいという意図はなかった」と説明しています。

この問題では学校が設置した第三者委員会が性的ないじめなど10件をいじめと認定した一方、自殺の直接的な原因は特定できないと結論づけましたが、いじめの事実関係が十分に明確になっていないなどとして、福岡県が再調査する方針を決めています。

生徒の母親「理解できない」

自殺した生徒の母親は、代理人の弁護士を通じてNHKの取材に応じ、「当時、なぜ『事故死』という提案をされるのかが理解できませんでした」と話しました。

また、母親によりますと、当初、学校が在校生や保護者に送る一斉メールの案を遺族側に示し、その際『詮索はしないでください』という一文があったということです。

母親はこの時点で学校への不信感を強め、一文の削除を求めたということです。

また、母親は、学校に対してメールの内容に「自殺の原因について、何かわかることがあれば教えてほしい」という文言を加えてほしいと伝えたものの盛り込まれなかったということで、当時の心境について「残念に思いました」と話していました。