住宅街でうさぎ30匹以上保護 何者かが捨てた可能性も 神奈川

今月下旬、神奈川県逗子市の住宅街でうさぎが放置されているのが連日見つかり、これまでに30匹以上が保護されました。警察は同じような場所で相次いで見つかっていることから、何者かが捨てた可能性もあるとみて捜査を進めています。

警察によりますと今月20日、逗子市沼間の路上で、犬の散歩をしていた人から「道路にうさぎがいる」と通報がありました。

警察官が駆けつけたところ、うさぎが住宅街の近くの草やぶなどにいるのが見つかり、12匹が保護されたということです。

さらに4日後の今月24日にも同じような通報があり、うさぎ13匹が見つかったほか、その日以降も見つけた一般の人が警察署に連れてくるなどしたということです。

見つかったうさぎは28日までに合わせて30匹以上にのぼり、神奈川県の動物愛護センターなどで保護されているということです。

警察は同じような場所で相次いで見つかっていることから、何者かがうさぎを捨てた可能性もあるとみて、動物愛護法違反の疑いを視野に捜査を進めることにしています。