円相場 小幅な値動き

22日の東京外国為替市場、円相場はドルに対して小幅な値動きとなりました。

午後5時時点の円相場は、前日と比べて2銭円高ドル安の1ドル=150円12銭~14銭でした。

一方、ユーロに対しては、前日と比べて61銭円安ユーロ高の1ユーロ=162円92銭~96銭でした。

ユーロは、ドルに対して1ユーロ=1.0852~53ドルでした。

市場関係者は「アメリカの長期金利が上昇したことで、日米の金利差が意識され、午前中を中心に円を売ってドルを買う動きが出た。午後に入ると、日銀の植田総裁が衆議院予算委員会で『デフレではなくインフレの状態にある』と発言したことをきっかけに、政策転換への期待から円を買い戻す動きも出て、日中の値動きは小幅にとどまった」と話しています。