神奈川県内 12日未明から火事相次ぐ 4人死亡

12日昼前、横浜市で住宅1棟が全焼する火事があり、焼け跡から1人が遺体で見つかりました。神奈川県内では12日未明から火事が相次ぎ、合わせて4人が死亡しました。

12日午前11時半前、横浜市泉区上飯田町で「火が見える」と近くにいた人から消防に通報がありました。

火はおよそ1時間半後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅1棟が全焼し、焼け跡から1人が遺体で見つかりました。

警察によりますと、この家には80歳の女性が暮らしていますが、火事のあと連絡が取れなくなっているということです。

警察は亡くなったのはこの女性ではないかとみて身元の確認を進めています。

このほか、神奈川県内では未明から火事が相次いでいて、12日午前2時ごろには藤沢市藤沢のアパートで火が出て、この部屋に住むとみられる男性1人が死亡したほか、午前3時すぎには横須賀市浦賀丘の木造2階建ての住宅の火事で、この家に住む55歳の男性が死亡しました。

さらに午前6時半ごろには、川崎市幸区小倉で木造2階建ての住宅1棟が全焼し、焼け跡から1人が遺体で見つかりました。警察や消防が確認を進めるとともに、火事の詳しい原因を調べています。