さっぽろ雪まつり 札幌市の大通公園で雪像作り始まる

2月4日に開幕する「さっぽろ雪まつり」に向けて、札幌市中心部の大通公園では市民による小型の雪像作りが始まりました。

「さっぽろ雪まつり」のメイン会場となる札幌市中央区の大通公園では、高さが10メートルを超える「大雪像」のほか、抽せんで選ばれた市民が作るおよそ80の小型の雪像が展示されます。

28日は晴天に恵まれる中、雪像作りがスタートし、参加した人たちは設計図を確認しながら事前に用意された高さ3メートルの雪の塊にスプレーなどで印を付けていました。

そしてスコップやノミを使って雪を掘ったり、細かい雪をほうきで掃いたりしながら、慎重に作業を進めていました。

実行委員会によりますと、ことしは大リーグ・ドジャースに入団した大谷翔平選手をテーマにした作品も作られるということです。

会社の仲間とアザラシの雪像を作っていた男性は「頭の丸みをうまく削り出せるかがポイントです。北海道らしさを出せるよう頑張りたいです」と話していました。

またペンギンの雪像を作っていた女性は「雪が思ったより固くて大変です。雪像作りは初めてなので、周りの人の様子を見ながら作業を進めたいです」と話していました。

「さっぽろ雪まつり」は2月4日から11日まで開催されます。