愛媛 今治 女性殺害事件 容疑者 女性の自宅近く訪れたと供述

愛媛県今治市の住宅でピアノ教師の64歳の女性が殺害された事件で、女性の次女に暴行を加えた疑いで逮捕された容疑者が、事件当日、女性の自宅近くを訪れたことを認める供述をしていることが警察への取材で分かりました。暴行事件は女性が殺害された事件と近接した時間帯に起きていて、警察は容疑者が女性が死亡したいきさつを知っているとみて捜査しています。

26日、今治市松本町の住宅でこの家に住むピアノ教師、冨田小雪さん(64)が首を切られるなどして倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は、殺人事件として現場から立ち去った男の行方を捜査するとともに、連絡が取れなくなっていた冨田さんの35歳の次女の行方を捜していましたが、27日夜、次女は保護され、西条市の自称・会社員、榊原正道容疑者(34)が次女の腕を引っ張るなどの暴行を加えた疑いで逮捕されました。

警察によりますと容疑者は次女の知人で、身柄を確保される前まで次女と一緒にいたということで、調べに対し、暴行の容疑について「したと思います」などと認めているということです。

また、事件当日、冨田さんの自宅近くを訪れたことを認める供述もしているということです。

次女への暴行事件は冨田さんが殺害された事件と近接した時間帯に起きていて、警察は榊原容疑者が冨田さんが死亡したいきさつを知っているとみて、当日の詳しい状況を調べています。