関東甲信の山沿いを中心に大雪のおそれ 交通影響に注意を

本州の南を進む低気圧の影響で関東甲信では山沿いを中心に雪が降り、21日にかけて大雪となるおそれがあります。

気象庁は積雪による交通への影響や路面の凍結に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、前線を伴った低気圧が発達しながら本州の南岸を進み、21日の夜には関東の東の海上に達する見込みです。

関東甲信では山沿いを中心に雪が降っていて21日にかけて大雪となるおそれがあります。

関東南部の平地でも積もるところがある見込みですが気象庁は東京23区では積雪となる可能性は低くなったとしています。

21日夕方までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで、
▽関東北部の山地で50センチ
▽甲信で30センチ
▽関東北部の平地で25センチ
▽箱根から多摩地方や秩父地方にかけて20センチ
▽関東南部の平地で2センチ
と予想されています。

気象庁は気温が予想より低くなるなどした場合は、山沿いを中心に警報級の大雪となる可能性があるとしていて、交通への影響や路面の凍結に十分注意し、着雪やなだれに注意するよう呼びかけています。

一方、21日は千葉県と茨城県などの沿岸部や伊豆諸島を中心に大気の状態が非常に不安定になって局地的に雷を伴った激しい雨が降る見込みです。

21日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽関東北部で150ミリ
▽関東南部と伊豆諸島で120ミリ
と予想されています。

21日から22日にかけては海上を中心に非常に強い風が吹き、海は大しけが続く見込みです。

気象庁は高波に警戒するとともに強風や土砂災害、低い土地の浸水、川の増水、落雷、それに竜巻などの激しい突風に十分注意するよう呼びかけています。