仏留学中の日本人女子大生不明事件 チリ人被告に2審も有罪判決

7年前、フランスに留学中だった日本人の女子大学生、黒崎愛海さんが行方不明になり、元交際相手のチリ人の被告が殺人の罪に問われた裁判で、フランスの2審の裁判所は、1審と同じ、禁錮28年の判決を言い渡しました。

筑波大学の学生、黒崎愛海さんが、2016年に留学先のフランス東部のブザンソンで消息を絶った事件では、元交際相手でチリ人のニコラス・セペダ被告(33)が学生寮で殺害したあと、遺体を運び出したとして殺人の罪に問われました。

去年の1審では、禁錮28年の判決が言い渡され、セペダ被告は控訴していました。

21日、フランス東部ブズールの裁判所で行われた2審の判決で、裁判長は「被告には、殺意と計画性があった」と指摘し、1審と同じ、禁錮28年の判決を言い渡しました。

この日の判決は、黒崎さんの家族も傍聴し、代理人の弁護士は「家族は判決に満足しているが、被告が真実を明かさなかったのは残念だ。判決が確定することを望む」と記者団に述べました。

一方、セペダ被告の弁護士は「私たちは無罪を主張しており、判決を遺憾に思う」と述べ、今後、最高裁判所にあたる破棄院に上告する考えを示しました。

判決を受けて黒崎さんが通っていた、筑波大学の代理人の弁護士が、現地で記者団に対しコメントを発表しました。

この中で「一連の裁判で被告の罪が明らかにされ、判決が下された。フランスと日本の捜査当局と弁護士など関係者の尽力に敬意を表する。事件によって学生の夢が無残に砕かれたことは、誠に残念でならないが、大学としては、黒崎さんの志を無為にしないためにも日仏共同の学術の発展に尽くしたい」としています。