日本海側中心に積雪増える 大雪続くおそれ【21日各地の状況】

真冬並みの寒気や冬型の気圧配置の影響で、西日本から北日本の日本海側を中心に断続的に雪が降り積雪が増えています。23日にかけて大雪が続くおそれがあり、積雪や路面の凍結による交通への影響に十分注意が必要です。

気象庁によりますと、日本付近の上空には真冬並みの寒気が流れ込み冬型の気圧配置となっている影響で、日本海側を中心に断続的に雪が降り、積雪が増えています。

午後10時までの3時間に降った雪の量は、
▽北海道岩見沢市で14センチ、
▽秋田県由利本荘市と石川県七尾市で12センチ、
▽山形県酒田市で10センチ、
▽新潟市秋葉区で9センチなどとなっています。

冬型の気圧配置は23日土曜日にかけて続く見込みで、西日本から北日本にかけての日本海側を中心に雪が強まり、積雪が大幅に増える見込みです。

22日夕方までの24時間に降る雪の量はいずれも多いところで
▽新潟県で80センチ、
▽北陸で70センチ、
▽東海で60センチ、
▽北海道と近畿、中国地方で50センチ、
▽東北で40センチ、
▽九州北部で20センチと予想されています。

さらに23日夕方までの24時間には
▽新潟県で40センチから60センチ、
▽北海道と東海、近畿で30センチから50センチ、
▽北陸と中国地方で20センチから40センチの雪が降る見込みです。

北陸や近畿、中国地方などでは、帯状の雪雲を作り出す「JPCZ」=「日本海寒帯気団収束帯」の影響で日本海から活発な雪雲が断続的に流れ込み、局地的に降雪量が多くなるおそれがあります。

気象庁は、積雪や路面の凍結による交通への影響に十分注意するとともに、着雪による停電や雪崩にも注意するよう呼びかけています。

また、国土交通省と気象庁は、最新の情報を入手して大雪の場合は不要不急の外出を控えるとともに、やむをえず車を運転する場合は冬用タイヤやチェーンの装着を徹底するほか、通行ルートの見直しなども検討するよう呼びかけています。

大雪の注意点 専門家に聞く

この時期の雪について専門家は、湿り気が多く重いため、倒木を引き起こし電線に接触して停電になるおそれもあるとして、自宅での防寒対策を呼びかけています。

防災科学技術研究所雪氷防災研究センターの中村一樹センター長によりますと、12月は雪が湿って重くなりやすいといいます。

・海面水温下がらず湿った重い雪に

その大きな要因の1つが海面水温です。

この時期は、海面水温が下がりきっていないため、大気中に多くの水蒸気が供給されます。

また、上空に流れ込む寒気も真冬ほど強くないため、比較的気温が高い状態で雪になり、その結果湿り気も多くなるということです。

・雪の重みで倒木 停電も

気温がおおむね0度から2度の状態では雪が木にまとわりつきやすくなる性質があるということで、毎年のように倒木が電線に接触するなどして停電が起きています。

東北電力ネットワークによりますと、去年も12月中旬から下旬にかけて新潟県内で倒木が相次ぎ、延べ8万4000戸余りが停電しました。

この影響で、新潟県柏崎市では雪に埋もれた車の中で20代の女性が死亡しているのが見つかりました。

停電が続く中で車内で暖をとっていたところ、マフラーが雪で埋まり、一酸化炭素中毒になったとみられています。

中村センター長は、停電に伴う自宅の防寒対策として持ち運びができる灯油ストーブや防寒着、毛布、使い捨てカイロ、ガスコンロなどとともに、停電時でも情報を得るため、ラジオのほかスマートフォンの充電機器を用意するよう呼びかけています。

・湿った雪か 天気分布予報参考に

一方、湿った雪になりそうか参考になる情報として、中村センター長が勧めるのが気象庁の「天気分布予報」です。

気象庁のホームページで公開されていて、▽「雨または雪」と予想されている地域や、▽その周辺の「雪」と予想されている地域は湿った重い雪が降る可能性があるということです。

中村センター長は「ことしは、海面水温が平年よりも高いため湿った雪になりやすいうえ集中的に降りやすい。備蓄で足りないものは早めに用意することが最も重要だ」と話しています。

各地の様子

石川 輪島 雪強まり吹雪になる時間帯が増える

石川県輪島市では午後から雪が強まり、吹雪になる時間帯が増えています。

輪島市の中心市街地では時折、雪で見通しが悪くなり、日中でも多くの車がライトを点灯させて走っていて、ドライバーたちは車道の雪にハンドルを取られないようスピードを落として運転していました。

福岡と佐賀の境にある三瀬峠 冬用タイヤなどが必要

福岡市早良区と佐賀市の境にある三瀬峠では有料道路や旧道を通行する際、冬用タイヤなどが必要となっていて、峠の手前の駐車場ではタイヤにチェーンを着ける人の姿がみられました。

また、犬の散歩をしていた近くに住む30代の男性は「これだけ積もったのはことし初めてです。犬は生まれて4か月で、この犬にとっても初めての雪で散歩に連れ出しました」と話していました。

富山県内 JAFへの出動依頼が大幅増加

富山県内は21日午前を中心に広い範囲で雪となったことから、JAF=日本自動車連盟富山支部では雪に関する出動依頼が大幅に増えました。

JAF富山支部によりますと、21日は午後5時までに、出動依頼が通常の2倍にあたる87件あったということです。

内訳は、溝にタイヤがはまったり田んぼなどに落ちたりしたケースが19件、スリップや雪による見通しの悪さが原因の自損などの事故が14件、冬用タイヤの脱落や破裂が7件で、雪に関する依頼がおよそ半数を占めたということです。

具体的には、路肩に車を止めようとした際に降り積もった雪で側溝が見えなくなりタイヤがはまったケースや、ドライバーが自分で冬用タイヤに交換した際にナットの締め忘れなどでタイヤが脱落したケースがあったということです。

JAFは、雪が積もって路面が見えづらくなる時は慎重に運転したり、タイヤのナットを確認して締め直したりするなど、注意を呼びかけています。

JAF富山支部ロードサービス隊富山基地の宮野晃主任は「あすは大雪が予想されているので出動体制を強化しています。ドライバーは万が一のスタックや立往生に備えて、車内にスコップや毛布を用意してほしい」と話していました。

新潟 上越 断続的に雪 風も強まり見通し悪くなることも

新潟県上越市では21日午前中から断続的に雪が降っていて、時折、風も強まって見通しが悪くなることもありました。

午後4時ごろ、市の中心部にある高田地区の道路にはシャーベット状の雪が積もり、道を歩く人たちは吹きつけてくる雪を防ごうと顔の前に傘を差して慎重に歩いていました。

50代の女性は「ことしは暖冬だと聞いていたので、寒波にびっくりしています。滑らない長靴を買ったりなど道具は備えています。気をつけて歩きます」と話していました。

滋賀 長浜 国交省の国道事務所が大雪に備え準備

滋賀県長浜市にある国土交通省滋賀国道事務所の拠点では、大雪に備えて国道の通行を確保するための準備を進めていました。

長浜市木之本町にある滋賀国道事務所の拠点「木之本スノーステーション」では、2人の作業員が凍結防止剤を散布車に積み込んだり除雪車を点検したりするなどの作業にあたりました。

滋賀国道事務所は、長浜市内を走る国道8号線で凍結防止剤の散布を行うほか、職員や除雪車の運転手が拠点に待機する態勢を組んでいます。

また、路面が凍結しやすい川にかかる橋や交通量の多い交差点のそばには融雪剤が入った袋をあらかじめ置き、すぐに対応できるようにしているということです。

長浜市などを管轄する滋賀国道事務所彦根維持出張所の大和田正樹所長は「大雪が予想される中、車で出かけるのはできるだけ控えてほしい。もし車で外出する場合は必ず冬用タイヤを装着してほしい」と話していました。

島根 浜田 冬用タイヤの装着呼びかけと点検

島根県浜田市で、車の運転手に冬用タイヤの装着の呼びかけや、正しく装着されているかを点検する活動が行われました。

21日朝、浜田市にあるスーパーマーケットに、警察や地元のサッカークラブの選手などおよそ20人が集まり、車を利用する買い物客に冬用タイヤの装着を呼びかけるチラシを手渡しました。

中国運輸局の職員による冬用タイヤの点検も行われ、タイヤがすり減って溝がなくなっていないかや、ホイールのナットがきつく締められているかを確認しました。

浜田市では先月、走行中の大型トラックのタイヤが外れて路側帯にいた男性に衝突する事故があり、中国運輸局によりますと、全国的にタイヤの脱落事故は冬用タイヤに交換する時期の11月から年明けの2月に集中しているということです。

点検を受けた60代の男性は「雪の中の運転では急発進や急ブレーキをしないよう気をつけています」と話していました。

中国運輸局の門田州生さんは「どのタイヤもしっかり固定されて溝も十分ありましたが、3年以上前の古いタイヤもあり買い替えを勧めました。雪の中ではスピードを抑えて運転してほしいです」と話していました。

富山 立山町 ホームセンターで除雪用品を買い求める人増える

富山県立山町にあるホームセンターでは、大雪の予報を受けて20日から除雪用のスコップや、車に積もった雪を落とすブラシなどを買い求める人が増えたということです。

販売担当者によりますと、20日の売り上げは前の日の3倍、土日の2倍に増えたということで、21日も販売コーナーには続々と客が訪れて除雪用品を買い求めていました。

ホームセンター「シマヤ」の除雪用品担当の高田寛之さんは「昨シーズンに使った用具が壊れていることに気付いて買いに来る人が多いようです。欠品しないよう多めに在庫の準備を進めています」と話していました。

また、除雪の注意点として「雪が積もると、側溝や川の位置が分かりにくくなり転落する危険性があるので、除雪の作業はなるべく複数の人で行うなど、十分に注意してほしい」と話していました。

客の60代男性は「車の除雪に使うブラシを買いに来ました。いよいよ冬が来たと実感しています」と話していました。

また、70代の女性は「昨シーズンは大雪に見舞われなかったですが、今シーズンは万が一に備えて準備したいです」と話していました。

被害の状況

山形 飛島で斜面の木倒れる 電線が切れると停電のおそれ

21日朝、山形県内で唯一の離島である酒田市の飛島で、県道沿いの斜面の木が雪の影響で倒れ道路をふさぎました。

市によりますと、木が電線に引っかかっていて、万が一、切れた場合は島全体が停電するおそれがあるということで、天候の回復を待って島に渡り現場を確認することにしています。

21日午前6時前、酒田市の飛島にある「とびしま総合センター」の近くの県道で、除雪をしていた作業員が道路沿いの斜面の木が倒れふさいでいるのを見つけ、市に連絡をしました。

木は太さ30センチ以上のマツで、電線に引っかかっていて県道も通行止めになっています。

市によりますと、21日午後8時の時点で停電は発生していませんが、電線が切れた場合は島全体が停電になり、水道の供給も停止するおそれがあるということです。

飛島には現在90人ほどが暮らしていて、市は関係機関と協議しながら、22日以降の天候の回復を待って島に渡り、現場の確認をする予定です。

そのうえで作業の方針などを決めるため、21日の時点で復旧のめどが立っていないということです。

市は住民に対して、自宅で待機して水を確保するとともに、天候の影響で21日も欠航した飛島と酒田港を結ぶ定期船が運航できるようになった場合は、酒田市内などに移動するよう呼びかけています。

飛島にある施設の「とびしま総合センター」によりますと、21日夜は停電になった場合に備えてセンターを開けて職員が対応するほか、発電機や石油ストーブの準備を行っているということです。

金沢 空き家の外壁がはがれ落ちる

消防によりますと、21日午後1時半ごろ、金沢市茨木町の空き家の外壁が縦1メートル、横2メートルにわたってはがれ落ちました。

消防によりますと、けが人はいないということです。

現場では、消防から連絡を受けた市役所の職員がカラーコーンを置いて注意を促していました。

このほか、金沢市北間町でも21日午後、飲食店の店舗の2階部分の外壁が縦およそ1.5メートル、横およそ1メートルにわたってはがれ落ちたということです。

気象台によりますと、21日午後4時半までに、金沢市では午後2時54分に22.4メートルの最大瞬間風速が観測されていたということです。

交通への影響

石川 七尾 大型トラックとワゴン車が衝突 雪でスリップか

石川県では能登地方で積雪が増える中、21日午後1時半ごろ、七尾市の「のと里山海道」で大型トラックとワゴン車がぶつかる事故がありました。

警察によりますと、この事故でワゴン車を運転していた40代の男性がけがをして病院に運ばれ、命に別状はないということです。

警察は、雪によるスリップ事故とみて事故の原因を調べています。

のと里山海道は事故の影響で七尾市の横田インターチェンジから穴水インターチェンジまでの下り線で、午後2時すぎから2時間余りにわたって通行止めとなりました。

石川 小松 軽自動車が横転 雪でスリップした可能性

21日午前10時ごろ、石川県小松市那谷町の片側1車線の緩やかなカーブの道路で軽自動車が横転し、消防によりますと、車を運転していた女性1人が病院に搬送され軽傷の見込みだということです。

警察は雪の影響でスリップした可能性もあるとみて調べています。

警察によりますと、石川県内では、21日午前9時までの24時間に雪や路面の凍結による車のスリップ事故が8件あったということです。

これらの事故でけが人はいませんでした。

警察は、今シーズン最初の大雪が予想される中、不要不急の外出は控えるとともに「急」のつく動作は避け、慎重な運転を心がけてほしいと呼びかけています。

富山 南砺 北陸道で車1台がスリップして横転

警察によりますと、21日午前7時50分ごろ、北陸自動車道の富山県南砺市にある高窪トンネル近くで雪の影響で車1台がスリップして横転しました。

中日本高速道路によりますと、この事故の影響で正午時点で、不動寺パーキングエリアと小矢部インターチェンジの間の下り線で7キロの渋滞が発生したということです。

また、警察によりますと、20日午後4時から21日午前8時30分までの間に富山県内で雪の影響とみられるスリップ事故が6件発生し、けが人はいないということです。

生活への影響

北海道 稚内 除雪が追いつかず21日のごみ収集を中止

北海道稚内市では20日夜から断続的に雪が強まり、稚内空港では21日午前11時までの12時間に26センチの雪が降りました。

市内では除雪が追いついていない道路もあり、市民生活に影響が出ています。

稚内市によりますと、ごみ収集車が入れない場所もあるため、21日行う予定だったごみの収集を中止しています。

今後の除雪状況が見通せないことから、次の収集日まで臨時の収集は行わないということです。

また、路線バスなどを運行している「宗谷バス」は大雪の影響で安全に運行できないとして、市の中心部を走る路線バスと、札幌とを結ぶ都市間バスの一部を運休しました。

「ハートランドフェリー」によりますと、稚内と利尻島・礼文島を結ぶフェリーは21日、10便全便が欠航となりました。

北海道 留萌 除雪作業で道路脇に高さ2メートル以上の雪山

日本海側の北海道留萌市では今月17日から断続的に雪が降り続き、21日午前11時時点の積雪が87センチに達し、平年の3倍を超えています。

市内では21日朝も雪かきに追われる人の姿が見られました。

また、除雪車がフル稼働して道路の除雪作業を行っていますが、道路脇には高さ2メートル以上の雪山ができて車道の幅が狭くなっているため、車はスピードを落として走っていました。

学校への影響

富山県内 一部の学校で終業式を早める 22日は臨時休校に

富山県内は22日にかけて平地でも大雪が予想されることから、一部の学校で22日予定されていた終業式を1日早めて21日行いました。

富山県高岡市の能町小学校では、22日に終業式が予定されていましたが、大雪が予想されることから臨時休校にするため、1日早めて21日行いました。

富山県内は広い範囲で雪が降り、22日にかけて平地でも大雪が予想されることから、公立小中学校など合わせて102校が22日、臨時休校にするということです。

これらの学校では終業式を21日に早めたり、オンラインで開催したりする対応をとるとしています。

北海道 32校が臨時休校(21日午前8時半現在)

北海道教育委員会によりますと、暴風雪の影響で21日午前8時半現在、北海道内では、稚内市と猿払村、それに礼文町で、公立の小中学校など合わせて32校が臨時休校なっています。