17日にかけ北~東日本の日本海側中心に暴風雪のおそれ 警戒を

年の瀬が近づく中で異例の暖かさとなりました。16日は関東を中心に気温が上がり、神奈川県などでは25度以上の夏日となりました。一方、急速に発達する低気圧の影響で北日本と東日本の日本海側を中心に、17日にかけて雪と風が強まって大荒れの天気となる見込みで、暴風や高波のほか、雪による交通への影響に警戒が必要です。

気象庁によりますと、16日は南から暖かい空気が流れ込み、関東や東海の沿岸部を中心に気温が上がりました。

日中の最高気温は、
▽千葉県横芝光町で26.2度
▽神奈川県小田原市で26度ちょうど
▽三重県熊野市新鹿で25.1度などと、
いずれも統計を取り始めてから12月の最高気温を更新し、12月として初めての夏日となりました。

また、
▽東京の都心で21.1度
▽大阪市で21度などと、
各地で季節外れの暖かさとなりました。

北~東日本の日本海側 暴風雪のおそれ

一方、日本海付近にある低気圧が17日にかけて急速に発達しながらオホーツク海へ進む影響で、沿岸部を中心に風が強まっていて、京都府京丹後市丹後で午後4時前に25.3メートルの最大瞬間風速を観測しました。

17日にかけては、北日本と東日本の日本海側を中心に、雪を伴って非常に強い風が吹く大荒れの天気となる見込みです。

17日の最大風速は、
▽北海道で25メートル
▽東北、それに新潟県で23メートルと予想され、
最大瞬間風速は、いずれも35メートルの見込みです。

北海道の日本海側では、局地的に見通しが全くきかない猛吹雪のおそれがあります。

波も高く、東北と北陸、新潟県で6メートルと、大しけになる見込みです。

17日から大雪のおそれ 交通影響に警戒を

また、冬型の気圧配置と上空の寒気の影響で、17日から18日にかけて、北海道の日本海側から北陸にかけて大雪となるおそれがあります。

17日夕方までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで、
▽北海道で60センチ
▽新潟県で50センチ
▽東北で40センチ
と予想され、

さらに、18日夕方までの24時間には、いずれも多いところで、
▽新潟県で60センチから80センチ
▽北海道と東北で30センチから50センチの雪が降り、
大雪となる見込みです。

特に新潟県では活発な雪雲が断続的に流れ込み、局地的に雪の量が多くなるおそれがあります。

気象庁は、暴風や高波のほか、猛吹雪や吹きだまりによる交通への影響に警戒するとともに、なだれや電線への着雪による停電にも注意するよう呼びかけています。

今シーズン初めてまとまった雪が予想される地域では、車の立往生にも警戒が必要です。

国土交通省と気象庁は、大雪の場合は、不要不急の外出を控えるとともに、やむをえず車を運転する場合は、冬用タイヤやチェーンの装着を徹底するよう呼びかけています。