米11月の雇用統計 就業者 市場予想わずかに上回る 堅調さ続く

アメリカの11月の雇用統計が発表され、農業分野以外の就業者は前の月より19万9000人増加し、市場予想をわずかに上回りました。失業率も前の月から0.2ポイント改善して3.7%となり、雇用市場の堅調さが続いていることが示された形です。

アメリカ労働省が8日、発表した先月の雇用統計によりますと、農業分野以外の就業者は前の月より19万9000人増加しました。

18万人程度の増加を見込んでいた市場予想をわずかに上回りました。

また、失業率は前の月と比べて0.2ポイント改善し、3.7%となりました。

労働者の平均時給は前の年の同じ月と比べ4.0%、前の月と比べて0.4%、それぞれ増加しました。

インフレの要因となってきた人手不足や賃金の上昇など労働市場のひっ迫はピーク時に比べて緩んでいるものの、堅調な雇用状況が続いていることが示された形です。

市場ではFRB=連邦準備制度理事会が12日から2日間開く金融政策を決める会合で、3会合連続で利上げを見送るという観測が強まっていますが、終了後の記者会見でパウエル議長が今回の雇用統計などを踏まえ、今後の金融政策について、どのような発言をするかが焦点となっています。