松野官房長官 自民派閥の政治資金問題 重ねて言及避ける

自民党安倍派をめぐる政治資金の問題について、松野官房長官は、4日の記者会見でも派閥の幹部として今後の対応などを問われましたが、各派閥の責任で必要な対応が行われるなどとして重ねて言及を避けました。

自民党の派閥の政治資金をめぐる問題では、安倍派がパーティー券の販売ノルマを超えて集めた分の収入を議員側にキックバックし、派閥の政治資金収支報告書に記載していなかった疑いなどが明らかになり、岸田総理大臣は党としても対応を考えていく意向を示しています。

これについて、松野官房長官は午前の記者会見で、事務総長の経験もある安倍派の幹部として今後の対応を問われたのに対し「この場は政府の立場として答えていると認識している。それぞれの政治団体の責任で必要な対応がなされるものと考えている」と述べ、重ねて言及を避けました。

また、みずからはキックバックを受けたことがあるかどうかについても「個々の政治活動に関し、政府の立場から言及することは差し控える」と繰り返しました。

このほか「今後も記者会見などで一切答えない考えか」と問われたのに対しては、「各派閥の責任で事実関係を確認をしていくとの岸田総理の指示が出ているので、まずはその動きを注視していきたい」と述べました。