「かび毒」検出の小麦原料の食材 給食に 児童など3人下痢 宮城

JA全農いわてが販売した岩手県産の小麦から「かび毒」が検出された問題で、宮城県気仙沼市内の一部の小中学校の給食でこの小麦を原料とした食材が使われ、これまでに給食を食べた3人の児童や生徒が下痢などを訴えたということです。「かび毒」との関連は分かっていないということです。

JA全農いわてが販売した岩手県産の小麦「ナンブコムギ」から、おう吐などを起こすおそれがある「かび毒」が基準値を超えて検出されました。

気仙沼市教育委員会によりますと、今月1日、市内12の小中学校の給食で提供された「せんべい汁」にこの小麦を原料とするせんべいが使われ、このうち、給食を食べた市内の児童や生徒、3人が下痢などの症状で病院を受診していたことが分かったということです。

いずれも軽症で、給食との関連は分かっていないということです。

宮城県学校給食会に、先月28日に原料の小麦からかび毒が検出されたと業者から連絡があり、せんべいなどを納入した県内の給食センターや学校に連絡しましたが、気仙沼市の給食センターにだけ連絡をせず給食が提供されたということです。

県学校給食会は、「今後同様のトラブルが起こらないよう再発防止のための対策を確認する」としています。