鹿児島 鳥インフル検出の養鶏場 2万3000羽のニワトリ処分終了

今シーズン、鹿児島県内で初めて死んだニワトリから鳥インフルエンザウイルスが検出された出水市の養鶏場で4日未明、2万3000羽のニワトリの処分が終わりました。

鹿児島県によりますと2日、出水市高尾野町の養鶏場で死んだニワトリから高病原性とみられる「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。

このため、県は3日朝、この養鶏場で飼育しているニワトリ、およそ2万3000羽の処分を始め、4日未明までに作業を終えました。

この養鶏場の消毒などの防疫措置も完了したということです。

県はこの養鶏場の
▽半径3キロ以内を養鶏場などからニワトリや卵の移動を禁止する「移動制限区域」に、
▽半径3キロから半径10キロ以内をその地域外への移動を禁止する「搬出制限区域」にそれぞれ指定しています。

鹿児島県内の養鶏場で鳥インフルエンザウイルスが検出されたのは今シーズン初めてで、県は県内全域の養鶏場などに対しウイルスの侵入を防止する対策を徹底するよう呼びかけています。