“大谷翔平 今週中決断か”米報道 大リーグ移籍交渉が山場へ

大リーグの移籍交渉の山場となるウインターミーティングが4日からテネシー州ナッシュビルで4日間にわたって開かれます。
このオフ、最も注目を集めている大谷翔平選手の去就について、アメリカのメディアは今週中にも大谷選手が決断するのではないかと伝えていて、周囲の関心は最高潮に達しています。

毎年12月に開かれるウインターミーティングは、大リーグ全30球団の監督やゼネラルマネージャー、それに選手の代理人などが数多く集まり、来シーズンに向けた移籍交渉の山場と位置づけられています。

ことしはテネシー州ナッシュビルのホテルで今月4日から7日の日程で開かれ、3日は球団関係者が続々と会場入りする様子が見られました。

最大の注目はエンジェルスからFA=フリーエージェントとなった大谷選手の去就で、大谷選手本人や代理人のネズ・バレロ氏が沈黙を貫いている中で、アメリカのメディアは連日、特集記事を組んで来シーズン以降の所属先を予想しています。

3日にはタブロイド紙の「ニューヨーク・ポスト」が「大谷はすでに総額5億ドル(日本円でおよそ734億円)を優に超えるオファーを複数受けていると考えられている。最終的には初の6億ドル(およそ880億円)プレーヤーになるという推測もある」と伝え、ドジャース、カブス、ブルージェイズ、ジャイアンツ、そしてエンジェルスの5球団が「ファイナリスト」として獲得を争っているとしました。

その一方で「6球団目の“ミステリーチーム”があるのではという話もあるが、それは分からない」とも付け加えていて、予断を許さない状況だとしています。

また、ジャイアンツの地元紙「サンフランシスコ・クロニクル」は「大谷の話題がウインターミーティングの会場全体を支配している。去就の決定は、もはやいつでも起こりうる」と伝え、今週中にも大谷選手が決断するのではないかと報じています。

大リーグでこれまでFAの選手が結んだ最も大きな契約は、去年、アメリカンリーグ新記録のシーズン62本のホームランを打ったジャッジ選手がヤンキース残留を決めた際に結んだ9年総額3億6000万ドルです。

大谷選手がこれと同じ程度の契約年数となった場合は最高額を更新するのは確実とも見られていて、ウインターミーティング開催を前に周囲の関心は最高潮に達しています。

「50%の確率でドジャース」アメリカの記者の見解は

大リーグ機構などが運営する放送局「MLBネットワーク」のジョン・モロシ記者は、大谷翔平選手の移籍先決定のタイミングについて「翔平はすでに決断のために十分な情報を得ている。すでに5つか6つのチームに絞られていて、ウインターミーティングの期間中も含めて今後10日くらいで彼がプレーをするチームが見えてくるのではないか」と見解を述べました。

そのうえで、ことしのウインターミーティングの盛り上がりについて、去年の話題の中心だったヤンキースのジャッジ選手を引き合いに出して「去年のジャッジと同じくらいの盛り上がりだと思う。少しだけ違うのは、翔平が世界的なスーパースターだということで彼のファンがどれだけグローバルにいるかという側面もプラスされる」と話していました。

そして、大谷選手の来シーズン以降の所属先については「依然として50%の確率でドジャースだと思う」とドジャースを最有力候補にあげました。

理由については、地理的なことに加えて「翔平は勝ちたがっている。ドジャースには世界一を知っているスーパースターが数多くいるというのもとても大事な要素だ」としています。

そして「残りの50%はブルージェイズやカブス、エンジェルス、ジャイアンツが分け合っていると思う」と話していました。

会場のホテルに滝や運河 テーマパークさながら

ことしのウインターミーティングの会場となっているのは、テネシー州ナッシュビルにある大型リゾートホテルです。

ナッシュビル国際空港から車で10分の場所にあり、ゴルフ場や大規模な会議場も併設されています。

ホテルの中央にある巨大な屋内庭園には滝や運河もあり、さながらテーマパークのような雰囲気があります。

ホテルによりますと敷地全体の広さは東京ドーム6個分を超えるほどの大きさで、客室数は2888あるということです。

クリスマスを前にした時期のため、ホテルには一般客も多く宿泊していますが、会場の至る所にはウインターミーティングの会場であることをアピールする垂れ幕が掲げられ、巨大な会見場には500を超える座席が用意されています。