埼玉 志木 アパートの部屋に高齢夫婦の遺体 死後数日経過か

3日午後、埼玉県志木市のアパートの部屋で高齢の夫婦の遺体が見つかりました。妻は自殺した可能性があるということで、警察は夫の死因など詳しい状況を調べています。

警察によりますと、3日午後2時ごろ、夫婦の親族の男性から「連絡が取れなかったため自宅を訪れたところ、居室で2人が亡くなっていた」と警察に通報がありました。

通報を受けて、警察が志木市柏町のアパートを訪れたところ、78歳の夫と69歳の妻が同じ部屋で亡くなっているのが見つかりました。

夫は布団の中で見つかり、これまでのところ目立った外傷はなく、妻は遺体の状況から自殺した可能性があるということです。2人とも死後数日がたっているとみられています。

警察は、司法解剖をするなどして夫の死因をはじめ、詳しい状況を調べることにしています。