「秩父夜祭」豪華な山車の練り歩き 2日間で36万人訪れる 埼玉

ユネスコの無形文化遺産にも登録されている伝統の祭り「秩父夜祭(ちちぶよまつり)」が3日夜に行われ、豪華な山車の練り歩きなどを大勢の人が楽しみました。

埼玉県の秩父神社に300年以上前から伝わる「秩父夜祭」はユネスコの無形文化遺産に登録されています。

祭りでは、ぼんぼりをともした豪華な山車が勇壮なお囃子を響かせながら、「お旅所(おたびしょ)」と呼ばれる祭りの会場に向けておよそ1キロを練り歩きました。

最大の見せ場は、重さ10トンを超える山車が長さ50メートルほどの急な坂をのぼる場面です。ひき手たちは「わっしょい、わっしょい」とかけ声をかけながら山車を引き上げていました。

会場ではあわせて6500発余りの花火も打ち上げられ、祭りは最高潮を迎えました。

秩父市によりますと、ことしの祭りには2日と3日あわせて36万8000人余りが訪れたということです。

千葉県から訪れた70代の女性は「花火と屋台が一緒に見られました。勇ましかったです」と話していました。

栃木県から訪れた60代の女性は「初めて見ましたが、山車が坂を登る様子がすてきでした」と話していました。