筒香嘉智 故郷に自費投じた球場完成で記念式典 和歌山

今シーズン終盤、大リーグ・ジャイアンツ傘下でプレーした筒香嘉智選手が、故郷の和歌山県で自費を投じて建設を進めてきた球場が完成し、2日、本人も出席して記念式典が開かれました。

和歌山県橋本市出身の筒香選手は、地元の子どもたちのため総工費およそ2億円を投じて本格的な球場の建設を進め、ことし8月に完成しました。

球場には、大リーグ・エンジェルスのホーム球場で使用されている芝と同じ種類の天然芝が全面に敷かれ、サブグラウンドのほか、室内練習場なども完備されています。

2日は、帰国した筒香選手も出席して完成記念の式典が開かれ、球場を利用する地元の少年野球チームの子どもたちやその保護者を前に、「子どもたちの将来を第1に考え、責任を持って世界で活躍できるような人材を育てていきたいです」とあいさつしました。

続いて、筒香選手はスーツ姿のまま始球式を行い、式典の最後には、子どもたちを前に「野球がうまくなるためには、まわりの選手をよく観察しながら練習してほしい」とアドバイスを送りました。

参加した小学3年生の男の子は「筒香選手のようにフルスイングをして、たくさんのホームラン打てる選手になりたいです」と話していました。

式典のあと筒香選手は「野球選手になることがすべてではないと思っています。みずから考えて、行動に移せる人材を送り出していきたいです」と話していました。