北日本 25日にかけ雪を伴い強風のおそれ 交通影響など警戒を

強い冬型の気圧配置や寒気の影響で北海道を中心に雪が強まっています。
北日本を中心に25日にかけて雪を伴って非常に強い風が吹き、荒れた天気となるおそれがあり、猛吹雪や吹きだまりによる交通への影響や暴風に警戒してください。

気象庁によりますと冬型の気圧配置が強まり、上空に強い寒気が流れ込んでいる影響で、北海道を中心に雪が強まっています。

北海道留萌市幌糠では、午後6時までの3時間に11センチの雪が降りました。

強い冬型の気圧配置や寒気の流れ込みは25日も続く見込みで、北日本を中心に大雪となり平地でも積もるおそれがあります。

25日夕方までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで北海道と東北で50センチと予想されています。

また、雪を伴って非常に強い風が吹き、荒れた天気となるおそれがあり、25日の最大風速は
▽北海道で20メートル、
▽東北と新潟県で18メートル、
最大瞬間風速は
▽北海道で35メートル、
▽東北と新潟県で30メートルと予想されています。

海上では波も高く、25日は北海道と東北、新潟県で5メートルとしける見込みです。

気象庁は猛吹雪や吹きだまりによる交通への影響や暴風に警戒するとともに、着雪による停電や高波にも十分注意するよう呼びかけています。

寒気に伴い、気温も大幅に下がる見込みで、25日の日中の予想最高気温は
▽札幌市でマイナス1度と、北海道では各地で0度を下回る真冬日となるほか、
▽青森市で2度、
▽東京の都心や横浜市で13度などと、関東甲信から北海道にかけて24日よりも10度以上低くなるところがあり寒暖差が大きくなります。

体調の管理に注意してください。