ロシア国防省 “クリミアでウクライナ軍による無人機攻撃”

ロシア国防省は14日、一方的に併合しているウクライナ南部のクリミアや黒海で、ウクライナ軍による無人機や無人艇の攻撃があったと発表しました。クリミアでは13日も軍港都市に攻撃があり、ウクライナ軍関係者はNHKの取材に対し、イギリスが供与し、戦闘機から発射される巡航ミサイル「ストームシャドー」を使用したと明らかにしました。

ロシア国防省は14日、一方的に併合しているウクライナ南部クリミアでウクライナ軍による攻撃があり無人機11機を撃墜したほか、黒海では、ロシア軍の艦船を攻撃しようとしたウクライナ軍の無人艇5隻を破壊したと発表しました。

ロシア国防省は、前日の13日もクリミアの軍港都市セバストポリにウクライナ軍が巡航ミサイル10発と無人艇3隻による攻撃を行い、修理中の艦船2隻が被害を受けたとしています。

13日の攻撃について、ウクライナ軍関係者はNHKの取材に対し、ロシア軍の揚陸艦と潜水艦の合わせて2隻に損害を与えたとしたうえで、攻撃にはイギリスが供与し、戦闘機から発射される巡航ミサイル「ストームシャドー」を使用したと明らかにしました。

この揚陸艦と潜水艦について、ウクライナ国防省の情報総局の報道官は13日、地元メディアに対し「甚大な被害が出ていて、修復できない可能性が高い。ウクライナにとってよいニュースだ」と述べました。

一方、ウクライナ軍は14日、ウクライナ各地でロシア軍による無人機攻撃があり、このうち17機を撃墜したと発表していて、ウクライナ、ロシアの双方で無人機による攻撃が激しさを増しています。