気象庁 鳥取県の大雨特別警報を警報に切り替え 厳重警戒は続く

気象庁は午後11時10分に、鳥取県に出していた大雨の特別警報を大雨警報に切り替えました。

一方で土砂災害や川の氾濫の危険性は依然として高いところがあり、気象庁は厳重な警戒を続けるとともに、自治体の出す情報に従って安全を確保してほしいと呼びかけています。