将棋 藤井七冠 史上最年少で「名人」に就位

将棋で最も歴史の古いタイトル「名人」を史上最年少で獲得した藤井聡太七冠(21)が、東京で行われた名人の「就位式」に出席し、「『名人』の地位に見合った将棋を指せるよう精進したい」と思いを語りました。

藤井七冠は、ことし6月にかけて行われた渡辺明九段との「名人戦」七番勝負で、タイトルを奪取し、40年ぶりに名人の最年少記録を更新しました。

7日は東京 羽田空港にあるホールで名人の就位式が開かれ、日本将棋連盟の羽生善治会長が「渡辺さんのちみつな工夫を上回る藤井さんの読みや思考を感じさせられるすばらしい対局だった」と健闘をたたえました。

続いて藤井七冠があいさつし「初めて持ち時間が9時間の対局を経験し、これまで以上に深く読むことができた局面があった一方で、考えても判断つかないことが多く、将棋の難しさや奥深さを再認識した。『名人』ということばには子どもの頃から憧れがあり、大変な感慨がある。その地位に見合った将棋を指せるよう、今後より一層精進したい」と思いを語りました。

藤井七冠は、今月、タイトル防衛まであと1勝としている「王位戦」で、佐々木大地七段と対局するほか、今月31日からは唯一保持していない「王座」のタイトルをかけて、永瀬拓矢王座との五番勝負に臨み、史上初の八大タイトル独占を目指します。