岸田首相 最初の訪問先 ポーランドに到着 首脳会談へ

NATO=北大西洋条約機構の首脳会議などに出席するため、ヨーロッパを歴訪する岸田総理大臣は、最初の訪問先のポーランドに到着しました。このあと、モラウィエツキ首相と会談を行い、ロシアの軍事侵攻を受けるウクライナへの支援などで、引き続き連携していくことを確認するものとみられます。

岸田総理大臣は、日本時間の11日夜10時前、政府専用機でウクライナの隣国のポーランドに到着しました。

このあと、首都ワルシャワでモラウィエツキ首相と会談を行い、ロシアの侵攻を受けるウクライナの最新情勢や、周辺国への影響などをめぐって意見を交わすとともに、今後のウクライナ支援などで引き続き連携していくことを確認するものとみられます。

岸田総理大臣は、首脳会談を終えたあとリトアニアに移動し、日本時間の12日、NATOの首脳会議にパートナー国として出席する予定となっています。

会議の中で岸田総理大臣は、ロシアと中国の動向を受け、ヨーロッパとインド太平洋地域の安全保障は不可分だとして、日本とNATOの連携強化を呼びかける方針です。

また、現地でウクライナのゼレンスキー大統領と会談する方向で調整を進めていて、支援を継続する方針を直接、伝えたい考えです。

岸田総理大臣は、リトアニアのあとはベルギーを訪れて、EU=ヨーロッパ連合との定期首脳協議に臨み、安全保障面での協力を拡大する方針などを盛り込んだ共同声明を発表する見通しです。