近畿で激しい雨 日本海側中心に急激に悪化のおそれ

活発な前線の影響で、近畿では活発な雨雲がかかり、激しい雨が降っています。

8日朝、線状降水帯が発生した島根県など地盤が緩んでいるところがあり、少しの雨でも土砂災害が発生する危険性があります。

日本海側を中心に夜間に状況が急激に悪化するおそれがあり、雨の降り方や避難の情報、最新の気象情報に注意し、今夜は安全な場所で過ごしてください。

記事後半では、各地域ごとに今後、警報級の大雨になる可能性がある時間帯をお伝えしています。

気象庁によりますと、本州付近に停滞する活発な前線の影響で、西日本から北日本の日本海側を中心に発達した雨雲が流れ込んでいます。

日本海側を中心に雨が強まっていて、午後10時までの1時間には福岡県行橋市で36ミリ、京都府綾部市で32ミリの激しい雨が降りました。

島根県では、8日朝「線状降水帯」が発生して非常に激しい雨が降り続き、一部の地域では浸水被害や土砂崩れが相次ぎました。

松江市鹿島では、この24時間の雨量が平年の7月1か月分に匹敵する220ミリを超え、1976年に統計を取り始めてから最も多い記録的な大雨となっています。

島根県と佐賀県では、土砂災害の危険性が非常に高くなっているとして「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

11日ごろにかけて西~北日本 大雨のおそれ

前線は週明けにかけて、ほとんど位置を変えずに本州付近に停滞し、活動が活発な状態が続く見込みで九州北部や中国地方、北陸など日本海側を中心に断続的に激しい雨が降って広い範囲で来週火曜日・11日ごろにかけて大雨になる見込みです。

9日夕方までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで
▽九州北部で250ミリ
▽山口県で200ミリ
▽東海と北陸で180ミリ
▽中国地方と関東甲信、新潟県で150ミリ
▽近畿と東北で120ミリ
と予想されています。

また、10日夕方までの24時間には
▽九州北部で100ミリから200ミリ
▽山口県で100ミリから150ミリ
▽中国地方と近畿、東海、関東甲信、新潟県、北陸で50ミリから100ミリ。

さらに11日の夕方までの24時間に
▽九州北部と山口県、新潟県、北陸で50ミリから100ミリの雨が降る見込みです。

九州や中国地方では、これまでの大雨で地盤が緩んでいたり、川の堤防や護岸が損傷したりしているところがあるほか、この時期雨の量が比較的少ない北陸などでは、土砂災害や川の氾濫などの災害の危険度が急激に高まるおそれがあります。

気象庁は土砂災害に厳重に警戒するとともに低い土地の浸水や川の増水、氾濫に警戒し、落雷や突風にも十分注意するよう呼びかけています。

夜の時間帯に状況が急激に悪化するおそれがあるため、雨の降り方や自治体からの避難の情報、最新の気象情報をこまめに確認し、今夜は安全な場所で過ごしてください

島根 出雲市に災害救助法を適用

島根県は今回の大雨で住宅の被害などが確認された出雲市について災害救助法の適用を決めました。

島根県によりますと、大雨によって出雲市内ではこれまでにおよそ60棟の住宅が水につかるなどの被害が出ています。

島根県は、さらに市民への被害が広がるおそれがあることから出雲市に対して災害救助法の適用を決めました。

これによって支援の実施主体は県となり、避難所の設置や運営について出雲市は国や県の補助を受けることができるということです。

いつ警報級の大雨になる?

8日午前11時の時点で、警報級の大雨になる可能性がある時間帯は次のとおりです。

【九州南部】
8日夜から9日にかけて警報級の可能性があります。

【九州北部と山口県】
これから11日・火曜日にかけて警報級の可能性があり、特に、10日にかけて可能性が高くなっています。

【四国】
8日夜から10日にかけて警報級の可能性があります。

【中国地方】
これから10日にかけて警報級の可能性があり、特に、9日にかけて可能性が高くなっています。

【近畿】
これから10日にかけて警報級の可能性があります。

【東海】
これから10日にかけて警報級の可能性があり、特に、9日にかけて可能性が高くなっています。

【北陸】
これから11日・火曜日にかけて警報級の可能性があり、特に、9日にかけて可能性が高くなっています。

【新潟県】
これから11日・火曜日にかけて警報級の可能性があります。

【関東甲信】
これから10日にかけて警報級の可能性があります。

【東北】
これから11日・火曜日にかけて警報級の可能性があります。

気象庁によりますと、引き続き、11日・火曜日ごろにかけて前線が西日本から東北付近に停滞し、大雨となる見込みです。

特に、8日から9日にかけては、前線の活動が活発になり、九州北部や中国地方、北陸を中心に雨量がかなり多くなり、災害の危険度が高くなると予想されています。

土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水や川の増水、氾濫に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」にも十分な注意が必要です。

顕著な大雨に関する情報とは

「顕著な大雨に関する情報」は、発達した積乱雲が次々と連なる「線状降水帯」が発生し、非常に激しい雨が同じ場所に降り続いて土砂災害や洪水の危険性が急激に高まったときに発表されます。

「線状降水帯」は、2020年の7月豪雨や2018年の西日本豪雨など、これまでの豪雨災害で繰り返し確認され、予報を上回って短い時間で状況が悪化する危険性があります。

この情報が出た際は、自治体からの避難の情報に基づき、周囲の状況を確かめて早めの避難をするほか、すでに避難場所までの移動が危険な場合は、崖や沢から離れた近くの頑丈な建物に移動したり建物の2階以上など浸水しにくい高い場所に移動したりするなど、身の安全を確保することが重要です。

情報が発表される基準は、3時間の解析雨量が100ミリ以上になっている範囲が500平方キロメートル以上あることや、その領域の形状が「線状」であることなどと決められています。2023年から運用の基準が変更され、実際に発生が確認される前の予測の段階でも発表されることになっています。

間に合わないケースも

注意が必要なのは、この情報が発表された際、すでに外に出ることすら危険になっているおそれもあることです。

気象庁が過去の災害事例で検証したところ「顕著な大雨に関する情報」を発表する基準に達していない段階でも大きな被害が出ていた事例があるということです。また、情報が出ていない地域でも今後、雨雲が移動し、急激に状況が悪化するおそれもあります。

このため気象庁は、避難情報に直結はせず、危機感を高めてもらうための情報だとし、5段階で運用されている大雨警戒レベルでは「レベル4“相当以上”」だとしています。その上で、情報を待つことなく、気象庁のホームページで確認できる危険度分布や河川の水位情報などをもとに早めの避難を心がけてほしいと呼びかけています。

長崎 対馬空港 悪天候で福岡と結ぶ6便欠航

全日空は、悪天候のため、福岡と長崎県の対馬を結ぶあわせて3往復6便の欠航を決めました。

長崎県の対馬空港では、8日午後3時半ごろ、電光掲示板に福岡行きの便が「雷雲のため欠航」などと表示されていました。また、1階のチェックインカウンターでは、8日に搭乗を予定していた客が航空券の払い戻しや変更の手続きを行っていました。

福岡県から対馬市に帰省していた60代の男性は「きょう福岡に帰れなかったので気持ちはがっかりです。9日、朝1番の便に乗る予定にしているので、それがだめだったら船で帰る予定です」と話していました。

島根 出雲市 住宅浸水で避難の住民も

大雨の影響で島根県出雲市の国富町や西郷町では地区を流れる川の水があふれ、住宅に流れ込んだり、道路が水につかったりしました。

住民は各地のコミュニティセンターに開設された避難所に身を寄せていて、このうち、市内の北部にある西田コミュニティセンターには午後2時半時点で4世帯、15人が避難していました。

地区の自治会のとりまとめ役を務め、自身も避難している西尾康弘さん(69)は「8日未明に目が覚めて外に出たら道路が冠水していました」と話していました。

西尾さんによりますとこの地区はおととしにも大雨で住宅が水につかる被害が出たということで、「まさかという印象です。今後は土砂崩れも心配なので気にかけながら避難者を受け入れていきたい」と話していました。

新潟 佐渡市 県道で土砂崩れ けが人なし

佐渡市消防本部によりますと、8日午前10時半ごろ新潟県佐渡市和木の県道の山側の斜面で土砂崩れが発生しているとの通報がありました。

現場は海岸沿いを走る片側1車線の県道で、斜面が長さ30メートルほどの大きさで崩れ落ち倒木や土砂が一時2車線をふさぎました。土砂崩れに巻き込まれた車や人はおらず、けが人はいないということです。

現場の近くに住む女性は「以前もこのあたりの斜面が崩れたことがあり、非常に危ないと思います」と話していました。

出雲市で線路と踏切が冠水

8日午前8時すぎ、島根県出雲市で視聴者が撮影した画像です。

市内を走るローカル鉄道、一畑電車の美談駅と大寺駅間の踏切を車で渡ろうとしたところ、茶色く濁った水が線路に流れ込み、冠水していたということです。

茶色く濁った水は近くの湯屋谷川の方から流れてきていたということです。

撮影した近くに住む10代の男性は、「この踏切はおととし7月の記録的大雨の際にも冠水した場所ですが、その時よりも水が速く流れていて流木の量も多いと感じました」と話していました。

出雲市の住宅20軒以上 浸水

島根県出雲市によりますと、8日午前11時までに市内の西郷町や国富町、それに大社町などで住宅20軒以上が水につかる被害が出ているということです。現在、市が詳しい状況を調べています。

出雲市で斜面から大量の水

8日午前8時ごろ、島根県出雲市塩津町で視聴者が撮影した映像です。道路脇の斜面から、茶色く濁った水が激しく流れ落ち、路面に広がる様子が確認できます。撮影した男性によりますと、斜面からは岩や木の枝なども落ちてきたということです。

男性は「仕事の帰りに車で走っていたら雨が非常に激しく降り、山からは滝のように大量の水が流れ出て、道路に岩や木の枝が流れ込んで驚きました。運転が不安になりました」と話していました。

出雲市の道路が冠水 茶色く濁った水

8日午前7時40分ごろ、島根県出雲市中野町で撮影された映像です。マンションの前の川が増水し、水路からあふれそうになっています。そして付近の道路が冠水し、水面を雨がたたきつけています。

撮影した男性は「朝から雨が降り続いていて、自宅前が冠水していたので、あぶないと思って撮りました。2年前に引っ越してきましたが、ここまで冠水するのは初めてです」と話していました。

「裏山から濁流が流れ込んでいる」と通報 出雲市

島根県出雲市によりますと、8日午前6時40分すぎ出雲市大社町修理免の住宅で「裏山から濁流が敷地内に流れ込んでいる」と消防に通報があったということです。

けが人などの情報は入っていないということで出雲市が詳しい状況を確認しています。